少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

5133

5132 テスト

5131

5130

5129

5128 退院の朝2

4/1/19 朝の院内散歩2。昨夜召された患者さんが昇った天国への階段。魂は上に、抜け殻は地下にの道理。昇って見ると品川方面の天国が。屋上の硬貨乱取りは最近見つけた穴場、次回はここで息抜きしようぞ。ナースが来た。やはり本日も低体温35・3度。ここ3日…

5127

5126

5125

5124

5123

5122

5121

5120

5119 山一蒲鉾de 朝食

3/31/15 朝食は小田原・山一蒲鉾さんからのいただきもの。 さくらしんじょは新作だそうで楽しみ。新聞紙は老母のランチョンマット。 崎陽軒ひょうちゃんを箸置きにするとは、なかなかのセンス。

5118

5117

5116

能ある鷹は爪を隠す、というが、学習能力無き猿は過ちを繰り返し、食欲制御不能の豚は眼前の馳走を貪り身を窶(やつ)す。猿と豚は私のことです。 FBFの皆さまおはようございます。 なんとなく見覚えのある写真ですかね。蝉よりも短い娑婆の生活、カルロスの再…

5115 保坂誠東京ドーム社長

4/3/16 テレビで東京ドーム制作秘話、やってました。 元後楽園球場社長で初代東京ドーム社長の保坂誠さんも写真で登場。偶然ですが、今朝、安城の倉庫に持っていく荷物を整理していたら、保坂さんから譲り受けた後楽園と東京ドームのブレザーエンブレム(桐箱…

5114 彦根のサウスポー

3/31/15 彦根東のサウスポー増居投手。 9回裏を終了してノーヒットノーランピッチング。 されど、味方も0点で延長戦。勝たせてやりたいな〜。 都裕次郎の再来か?

5113 さくら私考2

4/3/16 さくら私考2ここ10年で、5回は病院で花見。うち3回は脱出に成功。新宿の病院では故郷の同級生が車で見舞いに来てくれたので千鳥ヶ淵へ。 三宿の軍人病院では、1度目は後輩のM嶋Drが車椅子を押してくれて病院内のさくら並木を散歩。 看護師に無断で出…

5112 中目黒散策最終回

3/29/19 束の間の自由時間12最終回。とうとう歩いて中目黒。 さくらジェラート食べたけど600円は評価出来ず。 駅では日本酒の利き酒大会、人混みで呑む日本酒は当方の趣味に非ず。 途中のコインパーキングで700円拾ったので帰りはタクシーにて三宿病院まで57…

5111 中目黒散策6

3/31/29 束の間の自由時間10。目黒銀座イセワ街。 うん、まだ昭和の香りがほんのり微かに。 頑張れ個人寿司屋サン、八百屋サン、電気屋サン、煎餅屋サン、行けないけど、心でエールを贈ろうぞ! 束の間の自由時間11。エントツビルと昭和レトロアパートのコン…

5110 中目黒散策5

3/31/19 束の間の自由時間8。都内には遊歩道多数あります。 我が家の前にも玉川上水緑道がありますが、なんとも不細工な緑道で世田谷区公園管理事務所のセンス、カケラも無しの無能税金泥棒集団やる気なし公務員の典型、所長も2年間の順送り人事のクソ公務員…

5109 中目黒散策4

3/31/19 束の間の自由時間7。柿の木坂の昭和。 私好みの古民家の軒先に吊るされた謎の蟹と、すごい豪邸から出てきた謎のユニクロ老人(写真4)。 束の間の自由時間7。柿の木坂の小洒落たプチセレブ様。お高いんでしょうかね。 当方の趣味に非ず、リビングで屁…

5108 中目黒散策3

3/31/19 束の間の自由時間5。病院の裏を探索。霊安室見つけました。 この世からあの世へのラストドライブ。難しそうな本を廃棄。 巨大な処理機だが旧型。 今、新型取り扱ってます、興味ある方は連絡ください。 ちょうど救急車も来ました。 束の間の自由時間6…

5107 中目黒散策2

3/31/19 束の間の自由3。 軍のプラント工場、化学兵器の製造か?忍者返しに監視カメラと看板の厳重警戒。 隣接地に友好国マレイシア大使館もあるが売地もある。 民家を装われたら基地丸見えだ。 中国、北、ロシアに買われる前に、男気買いしとこうか?検討し…

5106 中目黒散策1

3/31/19 束の間の自由時間を利用して基地散歩1。 二枚目のトラックの向こう側、4枚目の中央にある白い建物が入院中の私の部屋、三宿病院。 5枚目の桜道をまっすぐ行けば三宿の裏口に通ずるも、憲兵さんの厳しい監視の目が光る。 束の間の自由時間2。古巣の軍…

5105 近づく平成の終焉

3/30/19 間も無く平成が終了します。そして新元号を知る由もなくこの世を去る一般人が今宵もひとり。 先ほどまで体温あるこの世の人間を乗せたベットは故人を見送り廊下にて室温と同化する。「出棺は22時30分」看護師の申し送りが聞こえてくる、病院の日常。…

5104 新城サードハウス

3/30/15 37年前、シカゴの本屋で偶然知り合いになったお姉さんのサードハウス。 「いつでも自由に使っていいのよ」というお言葉に甘えて、一宿二飯の恩義に預かり、ガソリンまで満タンにしてもらいました。 移動用のベッド付きエスティマもお姉さんからのい…