少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

493  戸塚ヨット映画化

私の支持する「戸塚ヨットスク−ル」の映画化が決定しました。本日11/30産経朝刊15面写真入りで掲載されています。
(以下抜粋記事引用)
東海テレビは来春、今年5月に放送したドキュメンタリー番組「平成ジレンマ〜戸塚ヨットスクールと若者漂流〜」を、放送時にカットした映像を加えて再構成した映画として全国で劇場公開する。
同作は、愛知県美浜町で訓練生2人が死亡し、2人が行方不明になった「戸塚ヨットスクール事件」をめぐり、事件から30年後の戸塚宏校長(70)とスクールの現状を追う。ナレーションは歌舞伎俳優の中村獅童(38)。
傷害致死罪などに問われ、実刑判決を受けた戸塚校長は平成18年に刑務所を出所、現在もスクールで指導を続ける。東海テレビによると、再三に渡る交渉の末、取材が実現。昨年7月から約10カ月間、製作スタッフが訓練生らの日常に密着した。かつて「非行少年」が中心だったスクールは、今は20代後半の「引きこもり」「二―ト」の訓練生が増え、卒業しても再入校するなど高年齢化している現状も映し出した。
放送は東海地方のみだったが、多くの視聴者から意見が寄せられ、ホームページなどで情報を得た全国の視聴者からも「再放送してほしい」との要望が多数あった。「番組を題材に教育についてさまざまな議論の場が期待できる」と劇場公開に踏み切る。
問い合わせ電話 03(5155)4362=東風(とうふう)
少数派日記過去ブログ=「NO 090・戸塚ヨット全面支持 09/10/21」
「NO 439・いじめのメカニズム 10/11/24」参照。
数年前、静岡県のO医師の依頼を受け「米国/中国における臓器移植」というテーマで講演をさせていただいた時のメイン講演者が戸塚先生でした。先生とはそれ依頼のお付き合いをさせていただいております。新宿にも事務所があり年に何回か東京でも先生主催の勉強会があります。知人の編集者にご紹介したところ、戸塚先生と田母神前航空幕僚長との対話本が実現いたしました(まだ読んでいませんが・・・)。
ここのところ、尖閣問題の拡大、いじめ問題(戸塚ヨット)など、「少数派日記」の方がくだらないマスコミより社会の核心を先行しているように感じます。その理由は簡単です。書いたことに社会的責任を負わないので本能(五感)が指を動かすからです。それにシックスセンス(第六感)も多少加わるでしょう。だとすれば、やはり北朝鮮問題に端を発した、日中の緊迫関係が懸念されます。あの日から頻繁に尖閣に出没する中国の軍艦。来週から始まる日米合同演習。第三次世界大戦勃発の火だねが満載です。揺らしただけで爆発するニトログリセリンを、地雷銀座、石ころだらけの砂利道を自転車で運ぶようなもの。「少数派日記」は「妄想派日記」でも「暴走派日記」でもありません(と思います)ので引き続きご愛読よろしくお願い申し上げます。