少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

502  マスコミの愚行  

本当にマスコミはクルクルパーだと断言する。海老蔵事件など、僕ら酒飲みに言わせれば、ほとんど日常茶飯事のこと。程度の差こそあれ、酔いが醒めれば「いや〜ゆうべは悪かったな〜」で済む話だ・・・ひと昔前までは・・・。
それが、たかが、ちょっとばかし有名な歌舞伎役者がからんだというだけでこの大騒ぎはクレイジーではないか。だいたい歌舞伎愛好人口がどれくらいのものなのか?当ブログの読者、海老蔵を取材するマスコミ陣、偉そうにテレビで評論する解説者のうち何人がナマもしくはテレビ中継で歌舞伎を見たというのだろうか?本当に海老図蔵は国民的ヒーローというほど絶大な人気があるのだろうか?
僕に関していえば、たまたまニューヨークのクリニックで働いている時に中村勘九郎さんが診療に訪れた。お礼にいただいた招待券でNY公演を観たのが一回目。東銀座の歌舞伎座が解体されるので、歌舞伎そのものより建物を見たかったので観賞したのが二回目。たったこれだけだ。あと骨董屋時代に紹介で中村歌六さんの家に呼ばれたことがあるくらい。多趣味の僕でさえ歌舞伎との接触はこんなもんだ。
それをたかだか酔っぱらい同士の喧嘩ごときでこのバカ騒ぎ。酒を大量に飲んでいれば血行も絶好調で、そりゃ血もいっぱい出るわさ。怪我だって顔面骨折くらい、軽傷じゃないか。現にもう病院の屋上で嫁さんといちゃついてる映像が出ているぞ。
この騒動でのマスコミの動きを解説します。まずスポーツ新聞は野球のシーズンオフをいいことに若手の記者がデジカメ持参で駆り出されます。テレビ局はディレクター、レポーター、カメラマン、ADなど3〜5人のクル―がワンセット(ただしほとんどは製作会社によるアウトソーシング)。これにマスコミ各社分のハイヤーと機材を積んだワゴン車、フィルム配達用のバイク便が道路を占領。この数だけでざっと100人超え。これが、海老蔵自宅前、オヤジの団十郎自宅前、目黒警察前、26歳容疑者宅前、入院先の病院前の最低5か所に集結し、さらに別の取材班が六本木界隈を嗅ぎまわる。これをクレイジーと言わずになんと言うのでしょうか?僕は本当に、こんなアホくささに嫌気がさしてマスコミからとんずらしました。
記者もカメラマンも、こんな取材がしたくてマスコミを志願したのではありません。でも給料をもらうサラリーマンだから仕方ないと言えばそれまでです。さりとて彼ら(かつての撲)の人生の時間も限られています。26歳容疑者の出頭シーンの1枚を捉えるために家族との団欒を犠牲にし、小便を我慢し膀胱炎になり、イライラしてタバコを吸い、近隣住民や通行人に迷惑をかけ、カメラの場所取りでおっさん同士が小競り合いをして・・・。人間だから記者もカメラマンもレポーターもうんこをします。もし、うんこをしている間に容疑者が出頭したら、アウトです。すべてが吹っ飛びます。おかしくないですか、これ・・・。
正直、今、こんなことを報道している場合じゃないでしょう。きょうから日米合同の軍事演習が行われるのです。これまでの演習とは違い、明らかに有事を想定した真剣なものになります。マスコミは海老蔵ではなく中国や北朝鮮の反応を取材することに心血を注ぐべきでしょう。
将来の人間国宝だかなんだか知らないけど、今、日本の自衛隊員たちは中国や北朝鮮からの攻撃に備え、国防のために過酷な訓練を中国・北朝鮮との海峡で行っています。顔面骨折がどうした。武勇伝のひとつでいいじゃないか。やはり日本も韓国のように強制的に徴兵制度にして、もう一度国民を緊張させる必要がある。バカマスコミを見ていると、切実なる思いが、また寄せてきます。