少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

527  ブーツが来たぞ

本日午後、ついに特注ブーツの試作品が来た。レッドキング・F島が「これでどうですか!」と広げてみせた。
僕の右足の第二指は腱と骨がすでに消滅した。よって歩行による圧力だけで指がぺちゃんこになる。もし電車の中で、誰かに踏まれたら千切れる。F島ブーツはこれを保護し、指に圧力をかけないようにするための武器だ。例えば義足をつくる装具関係とか、既製の医療シューズとかは一般的にあるが、これはビジネスマン向きではなく、あくまで病人向きでスーツには履けない。F島ブーツはこれを完全ビジネスマン使用にし、先端(つま先)の角度、上部からのプレッシャー強度、まるでギブスのような完全固定で踵(かかと)部分から足を固め、靴内でのズレも解消した逸品。木型を起こす作業を含め全120工程余り・・・。最後は、出来たてのブーツの先端部分をナイフで切り落とし、足とソールの角度を確認、ああもったいねえ。ソールと靴底のツナギの金具も抗菌作用のある銅製のビスを使うという、至れり尽くせりの極めものだ。DrM嶋もこれにはうなった。
さて、F島ブーツも嬉しかったが、F島が持参してくれたもう一つのお土産も嬉しかった。飲みたくてしかたなかったノンアルコールビール(キリンのフリー2本、サントリーのオールゼロ2本)と野菜サラダ数個。ありがたい。コンシェルジュにめっかるとややこしいので、さっきトイレで隠れて飲んだ。いんや〜美味かった〜。
と喜びもつかの間。血栓を溶かすワ―ファリンというクスリが今後6カ月に渡り、投与されるのだが、ビタミンKを含む納豆の禁止令が出た。これには「ちょっと待ってくれ」だ。なぜなら日本人として納豆を避けては通れないだろう。安くて旨い、そして滋養が豊富な納豆は日本人の魂だろう、第一癌予防になる。僕は3個88円の納豆を日に88円分は食する。時として贅沢に2個128円の引き割り納豆なども食したりする。納豆なしの人生とは、これ以上の兵糧攻めがどこにあろうか・・・。
と、力説すると「おっ、ついに出ました納豆人間」とコンシェルジュが・・・。「だって、みなさん、ああ納豆なんてそんなに食わないから、かまわんよ、って言うんですもん」だと。なんと非国民な。これを聞いた研修医のDr・M浦が僕に加勢した。「僕は関西人ですが、納豆茶漬けが大好物です。納豆に刻みネギを混ぜて、醤油をたらし、これを白いご飯にのせる。そこ熱〜い日本茶をかけるんです。これがたまらないっすよね」。その刹那、Dr・M浦は僕の涙目を見た。「す、すいません、安藤さん、ボク、そういうつもりで言ったんじゃないです、ごめんなさい・・・」
この日の午後、ホテル中の医師団が来たんじゃないかと思われるほど、僕のスイートルームは白衣の集団でにぎわった。せっかくなので記念撮影などもした。
彫刻家の山本先生、アムウエイの小林ダイアモンドDD、ドラゴン斎藤さんから、お見舞い電話あり。知立高の同級生のチャコ、Y・Kさん、T・Hさん(一昨日)からお見舞いメール(3人とも女子だ)あり。
しまった、ATMに行くのを忘れた。週末2日間、1000円で乗り切らねば・・・。