少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

545  母親、詐欺られる

きょう26日、例によって国鉄ハイウエイバスにて安城の実家へ帰る。午前11時、国電新宿駅発。きょうは日曜日、高速道路1000円デ―だから渋滞を覚悟して大量の車内食と飲料水を持ち込むも、高速はまったく順調で定刻に三河安城に到着。しかし、バスが高速を降りた直後の東名岡崎ICは渋滞となり、迎えに来れないはずだった姉が「時間の都合がついた」と迎えに来てくれ、夕飯に行った中華・栄楽飯店は、僕らが入店した時点ではガラガラだったのに、5分も経たないうちに満席、並ぶ人も出来た。今日はラッキーと思いきや、先週、母親が詐欺られた、と聞いた。
経緯はこうだ。まず「いらなくなった着物があれば買いとります」との電話が入る。相手は女性で、母親は一時間も話しをしたそうで、訪問を承諾する。母親はこの時点で電話の女性が訪問してくるものだとばかり思っていたそうだ。ところが、これはアポインターレディーという仕事でアポを取った時点でだいたい5000円の成功報酬を得る。みなさんの家にもしょっちゅうかかってくるでしょう。普通の人は、体よく断るのだが、年寄りは話相手が欲しいのか、高い確率でこれにひっかかる。
で、訪ねてきたのは、プロの買いとり詐欺師。最初は「着物を見せてくれ」と持ちかけ、しばらくは着物を見る振りをするが、難癖をつけ「タダなら引き取るが・・・」と言う。そして、奴らの本来の目的である詐欺の仕掛けにかかり、言葉巧みに「宝石を見せてくれ」と持ちかける。
自分の宝石がどれくらいの価値があるか知りたいという人間の好奇心を巧みに利用し、老人は「見せるだけなら」と宝石を取りに行く。その間は部屋の中で詐欺師ひとりになるのだから、実際には家に置いてある何かを持っていかれても、まったくわからない。そんな素性もわからない人間を家の中に入れること事態、自殺行為で、殺されなかっただけでもラッキーだ。
そして宝石を見せる。二人のやり取りは見たわけではないので、わからないが、母親が「それは売るつもりはない」と言ったものまで、すでに詐欺師は「買いとる」と言い、一方的に現金8万円を母親に渡したそうだ。問題はその男が何と何を持っていったのかわからない、ということ。男が去ったあと、調べてみたら、無くなっているものが数点あり、30分もしないうちに、男の名刺の電話番号にダイヤルしたが、男とは連絡が取れず、「買いとった宝石はすでに、東京の本社に送ったので、手元にはもうない」と言われたそうだ。この時点で、僕は「詐欺」と断定。
「詐欺は騙される方も悪い」という言葉通り、母親はいくつものミスを重ねた。しかし、これは母親に限らず、年寄りをターゲットにした悪質で巧妙な手口なので、騙される方を責めるわけにはいかない。
まっとうな買いとり商なら、一点一点を査定して伝票に落とし、ちゃんとした買いとり証書を残す。しかし、一般の人はそんなことは知らない。ましてや80過ぎの年寄りだ。しかも奴らは巧みに法的に訴えられないように、こんな証拠まで残していた。
それは「信頼と笑顔の企業活動 アンケート用紙」というタイトルのアンケート用紙だ。まず、これに、アンケートに答える前に住所と日付、名前を直筆でサインさせる。そしてアンケートに母親が答え、その男がそれに記入する。母親本人に考える余裕を与えないように、文字を読ませないで口頭にて答えさせる典型的な詐欺の手法だ。
アンケートは8項目。1・担当者のマナーはどうでしたか?2・商品は十分納得した上で、売っていただきましたか?3・この度は何を売っていただきましたか?4・買いとり価格には納得されましたか?5・物の紛失などありませんか?6・担当者の強引な買いとりや、お客様に対して心外な事は一切なかったですか?7・当社がお金をお支払いした時点で、商品の所有権は転移されますが、充分に聞かれましたか?8・最後に当社に対するご意見、もしくは訪問担当者に対してひと言お願いいたします。以上
いかがですか、絵に描いたようなプロの詐欺集団の手口です。買いとり伝表すら残さないのに、質問7に「はい」と答えた時点で、所有権はもう母親には無くなります。ただし、クーリングオフの期間(7日)なら
その限りではありませんが、母親がそのことを僕に知らせなかったので、その期間は過ぎてしまいました。
目の前で男が文章を読み上げるので年寄りでなくとも、なかなか「いいえ」とは答えにくい気持ちはわかりますが、見ず知らずの男を、誰も居ない家に上げた時点で、もうアウトです。ただ、このまま僕が許すわけがありません。すぐに知人の弁護士に電話を入れ、法的な手続きを取りました。
「少数派日記」において、中国のことをさんざん悪く書きましたが日本人にも外道は無限に居ます。先の弁護士のところにも、似たような案件が多数寄せられているそうで、老人弱者を食いものにした輩がゴマンといるそうです。ぜひとも、みなさんの親御さんにもご注意するよう、呼び掛けてください。
少数派日記過去ブログ=NO・276、277・広州にて詐欺られる。NO・279・詐欺考(08/03/2010)