少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1029 アジア最大のショッピングモール

ほんの一時、早朝だけ、ネット環境が安定しているので、急いでアップします。前日の「シャネル」の原稿ですが、ビバリーヒルズでのやりとりの箇所を加筆修正しましたので、時間のある方は再読お願いいたします。
本日はアジア最大と言われているショッピングモールについて書きます。
長春に着いた日(4/2)に通訳のO嬢が案内してくれました。病院から車でわずか5分。僕がコンビニで飲み物を買いたい・・・とお願いしたのがきっかけでしたが、モールの感想は「凄すぎる・・・」の一言です。
O嬢曰く「アジア最大です。いちばん大きいよ」。まあ中国人特有の「大袈裟」だと思いつつ、行ってみると、やはり大したことがない。正面から見た感じは新安城イトーヨーカドーよりやや大きいくらい。数年前にマニラ郊外で、アジア最大のモールを見たけど、さすがにそれはデカかった。
内心、大したことないじゃん〜と、タカをくくった僕だったが・・・。
なんと・・・。下の写真のような感じの出入り口が全部で20箇所。ヘビみたいに縦長のモールで全長は1キロくらいある。確かにアジア1のモールだと確信したが、よくもまあ、こんな不便・・・というかノーアイデアの箱を造った・・・というか。

地上5階地下2階。地上2階にあるフードコートは同時に2000人くらい入れる規模。まあ中国では普通にあります。さっそく見つけました吉牛のそっくりさん。


こちらはケンタのクリソツか・・・?はじめて見ましたが「李先生」。吉林では超有名人。あっちこっちに・・・。

こちらが食堂。簡単料理から、かなり凝った料理まで。調理場2坪、売り場1坪の屋台形式の店が左右にずらりと並ぶ。全部で200はあろうか・・・。極寒地域なので辛い四川料理店が多い。辛いだけではなく美味しいのだが、日本人はチャレンジしない方がいい。翌朝、「ケツの穴ブリキ」(どおくまん)になりまっせ。

O嬢が僕にご馳走してくれた身体に優しい豆腐皮料理。薄い塩味で美味。他にも4〜5品買ってきてくれた。夕食前だというのに、彼女、食べることが大好きみたいだ・・・。ちなみに豆腐皮は5元(65円)。どの店も主流は5〜10元。韓国屋台の石焼ビビンバは8元(105円)だった。なかでも、一番人気の店は(これはフードコートに付帯したレストランだが)焼肉三時間食べ放題お一人様50元(650円)の店だ。もう中に入れず、人が外にあふれていた。ビリケンランチ680円完敗ですわ。


売り場の横にスケートリンクが・・・。冬なら道路も公園もすべてがスケートリンクになる(想像です)のに何故・・・?いやいや世界最大級ですからもっと奥に行けば、野球場やサッカー場もあるかもね。おそるべき、地震のない国。こんな建物、空き地さえあればレゴのように瞬時に完成してしまう。

こんな感じです。

肝心の売り場は、無いものは有りません。建物のほぼ中央に立っても果てしなく続く建物の終着点はまったく見えません。寒い冬もここなら最高の散歩コースです。安全だし。冬は外に出られず、ショッピングが最大のレジャーになることでしょう。室内用のトレーニングマシンの売れ行きが絶好調です。数年前はただの荒野だったのに・・・。


驚いたのは2階、3階の部分に建材屋さんが集中していたこと。ご存じの通り、中国のマンションはスケルトン渡しが通例で内装は自前です。金をかけるも善し、質素に造るも善し。同じ間取りでも柱部分を除けば、自由に壁をぶち壊し、好みの床板を張り、好みのドアで玄関を飾れます。ドアの種類、照明器具、壁紙、床材・・・その種類たるや、日本ではまず想像できません。日本なら、注文建築にせよ、デザイナー先生がチョロっとサンプルを持ってくるだけで、選択肢があまりにも少なすぎます。
私ごとですが、僕はこれまで2軒の戸建とマンション一室(270平米)を自分のプランで造りましたが、床材も壁材も便器もシンクも浴室のタイルに至るまで、すべてデザイナー先生と業者を回り、自分で選びました。これから家を建てようとお考えの方、安藤建築設計コンサルタントまで・・・。いい家が建ちまっせ・・・。タイル一枚の値段もちゃんとチェックせなあきまへんで。