少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1145 うみの人ぎょひめとまじょ

「天使」の次は「人魚姫」と「魔女」だそうです。
少女の麻梨花ちゃんすごすぎ。
トヨジくん、ハンカチ用意してから読みなさい。
「まりんかの日記」より、以下全文、転記させていたさきました。

梨花?が小学校1年生の時に書いた創作童話です。
平成15年度天草郡市小中学校「文集 あまくさ 」に特選で載った作品です。
 
    うみの人ぎょひめとまじょ

  うみの底に、大きなほたてのベッドがありました。そこへ、
  あるひとかげがちかづいてきて、人ぎょひめをつれていこうと
  したのです。その人かげはまじょでした。
  そのときです。つれていかれそうになった人ぎょひめたちが
  ねていたほたてののベッドが、きゅうにしまりました。まじょ
  はびっくりしてにげていきました。
  おこったまじょは、人ぎょひめと、うみのみんながなかよくし
  ないまほうをかけました。
  でも、みんながなかよくしているといううわさをきいて、ます
  ますおこりました。
  そして、人ぎょひめたちをびょうきにさせようとしました。
  でも、まじょがわるいことをしたので、わるいことがかえって
  きて、まじょのほうがびょうきになってしまいました。
  まじょは、くるしくてくるしくて、いきもできないほどくるし
  みました。
  そこで、うみのおいしゃさんのはりふぐせんせいのところへ
  いきました。
  「とてもわるいびょうきだよ。なおすくすりはないよ」と
  いわれて、まじょはかなしくなりました。
   ある日のことです。
  男の子がうみにおちておぼれているのをみつけた人ぎょひめ
  が、たすけようとしましたが、おもすぎていっしょにうみの
  ふかいところにしずんでしまいました。
  それをみていたまじょは、男の子と人ぎょひめをたすけるた
  めに1どだけまほうをつかいました。
  そのまほうは、ほんとうはつかってはいけないまほうでした。
  まじょは、それをしっていました。まじょはしんでしまうかも
  しれないのです。
  そのようすをみていたうみのかみさまが、まじょがまほうを
  いいことにつかったので、まじょのびょうきをなおしてくれ
  ました。
  みんなは、やさしいこころをもったまじょをだいすきになり
  ました。
  人ぎょひめは人をたすけて、まじょはさかなをたすけて、さ
  かなはかいをたすけてくらすようになったので、うみの中は
  とてもへいわになりました。


本が大好きで、おはなしが大好きなまりかちゃん。この賞をいただいた
ときは、とっても喜んで自慢していました。
  麻梨花の笑顔が浮かびます。
 (http://d.hatena.ne.jp/caravan9336/)

真理ちゃん・・・今どこで、なにしてるのかな・・・?
嗚呼、永遠の白雪姫・・・。
おっと、光頭老師がキレそうだ・・・。
トヨジとマサル! これから釣りするのが心苦しくなったろう(笑)。
梨花ちゃん、ありがとう・・・。おじちゃんたちは嬉しいよ。