少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1183 Aさんのドーム観戦記

普段は人当りもよく、滅多なことでは立腹もせず、性格も柔らかで、犬たちからも好かれるAさんだが、一歩、東京ドームの敷地に踏み入ると、人格が急変するという。その男、凶暴になる・・・という。
昨6/29日のこと。その日、A氏は不動産屋の車で下北沢と永福町の物件の下見に行った後、新宿パークハイアット30Fのオフィスで居酒屋チェーン店にプレゼンするHPの企画書を作成していた。仕事も一段落して、帰りの支度をしていた時、錦糸町の老舗和菓子屋の若旦那Tから「ドームの中日戦に行きませんか?」という誘いが来た。東京に中日が来ていて、その日から首位攻防3連戦があることすら知らなかったA氏だが、Tの熱い誘いに付き合うことにした。国電・新宿から水道橋へ。水道橋駅に着くとホームには、なんやよう知らん、あの落合の講演会のどでかいポスターが貼られていた。ゼニゲバのいいたい放題の講演会・・・?一銭にもならないマスコミのインタビューは完全無視するくせに、有料となると、ようそんなにしゃべくりまんな〜と関心するほど舌が回る饒舌家になる守銭奴。こんな嘘八百のオンパレード講演会に、騙されて行く人が大勢いるんだろうな・・・とA氏は少し悲しくなる。
そしてA氏は外野立ち見席を1000円で買う。
友人と来るはずだったが、突然、友人が来れなくなり、余った前売り券をドーム敷地内で、第三者に売る行為は、その値段が定価と同じか、もしくは、それ以下でもダフ屋行為とみなされ、すぐに係員がすっ飛んできて、東京都都条例違反として警察に突き出される。しかし、その入場料で生活している某チームのHTという監督は、反社会組織に、そんな野球ファンからかき集めた1億円もの金を個人的なスキャンダルもみ消しのために差しだしている・・・という。ところが、こちらは都条例違反ではないそうだ。
A氏は、この入場料1000円は「国境なき医師団」か「日本ユニセフ」に寄付するべきだったんじゃないか・・と自問自答しつつ、11番ゲートに向かう。
ゲート入口では係員が手荷物検査を行っている。
係り員「荷物を拝見させていただいてよろしいでしょうか?」
A氏「お前の好きにしろ」
係り員「特に危険物とかお持ちでないでしょうか」
A氏「なんで、野球観に来るのに、いちいち危険物持ち込まきゃならんのだ?お前、人に喧嘩売ってんのか?失礼なこと聞くな、バカモノが」
係り員「あっ、いや、そんなつもりでは・・・失礼、いたしました、どうぞ」
A氏「当たり前だ、無礼モノ!」
私から見たらA氏そのものが危険物。係員はA氏の荷物ではなく、A氏の人物チェックをするべきだった。(つづく)