少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1328 戦闘秒読み

いよいよ中国が国ぐるみの国際的恫喝に打って出てきた。
ドンパチやるなら個人的には受けてもいい。国を守るためだ。
中国はインド洋、南シナ、東シナ海までも自国海域にして、日本の石油輸送ラインまで寸断しようとしている。このような暴挙が許されて良いはずがない。今ならまだ米軍の援助があれば闘える。
ネット記事には「在中邦人は外出時に気を付けるように・・・」とあるが、もし、何かあったら在日中国人が迷惑することも考えろよ。
今回の中国政府の発言はあまりにも暴力的、攻撃的な挑発であり完全なる恫喝。ボロボロよれよれの民主党が男を上げる最後の大チャンス。
ここで引いたらマジで腹を召されよ野田ソーリ。あとは石破さんが自衛隊引き連れて尖閣に上陸する。
ーーーーーーーーーーー以下ネット記事より転載
尖閣>温首相「半歩も譲歩せず」 中国領土と強調

毎日新聞 9月10日(月)21時18分配信
【北京・工藤哲】中国国営新華社通信によると、温家宝首相は10日、外交官養成を目的とする外交学院での講演で、尖閣諸島(中国名・釣魚島)について「中国政府と人民は絶対に半歩も譲歩しない」と述べ、改めて中国の領土だと強調した。日本政府が尖閣諸島の国有化方針を表明後、温首相がこの問題に触れたのは初めて。
 一方、楊潔?(ようけつち)外相は10日夕、日本政府の国有化方針決定を受け、丹羽宇一郎駐中国大使を中国外務省に呼び「強烈な抗議」を伝えた。中国外務省によると、楊外相は「誤った決定をすぐに撤回し、中国の領土主権に損害を与える一切の行為を停止するよう強く促す。さもなければ一切の結果は日本側が責任を負うことになる」などと表明した。北京の日本大使館によると、丹羽大使は「中国側の独自の主張は一切受け入れることができない」と反論した。
中国外務省はさらに「13億の中国人民の感情を著しく傷つけ、歴史的事実や国際法理を踏みにじる」などと日本を強く非難する声明を発表した。
北京の日本大使館は10日夜、中国国内のインターネットで対日批判が強まっているとして、在留邦人に対し、外出時の安全に注意するよう呼びかけた。
18日は満州事変の契機となった柳条湖事件の発生日に当たり、ネット上で中国各地での反日デモが呼びかけられている。
ーーーーーーーーー以上。
我が骨董師匠・九州拾徳さんが13日から広州へ骨董品の仕入れに行くが、大丈夫だろうか?ボディーガードとしてついて行きたいが、また足をやっちまいまして、明日、自衛隊三宿基地に行くので、防衛大臣の見解を聞いてまいります。19日からはNYに行きますので、とりあえずオバマ大統領にアポを入れ、会談が実現したら、戦闘が開始されたら米軍の迅速な派遣を要請してきます。そのためにバカ高い税金を(私は消費税くらいしか払っていませんが)国民が払って米兵の給料まで一部負担しているのだから、しっかり働いてもらわんと。
地震、雷、韓国、中国」。天災はどうにもならんが人災は何とかせにゃあ・・・。
.