少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1345 オレ流野郎に告ぐ

勘違いしている落合と、それを支持するファンの方々によく聞いてもらいたい。落合の「オレ流」とは、かつて私が所属した東京中日スポーツのAという先輩のロッテ担当ギャンブル大好き記者がつけたあだ名です。
まあ、悪く言えば、当時のロッテ担当なんて、原稿なんて書かなくてもいい部署で不良記者の巣窟。人間的にはおもろい人ばっかでしたが、ヘルプで現場に行くと、取材もせずに記者席で麻雀三昧。だから、落合が有名になってからも拗ねて取材に応じないという「ねじれた復讐」もわからんでもない。
だがしかし、お前が作った膨大な赤字と、お前の破格な給料3億円はな、お前の親会社である中日新聞の人たちが記事を書いて、広告を獲って、それを一部130円とかで読者様に買ってもらって捻出してもらっているんだぞ。
なんでお前ひとりがふんぞり返って、偉そうに「オレ流」とか言って、取材拒否しているのか理由がわかんねえ。なんで選手が子供にサインしちゃいかんのかね。なんで中日だけWBCに選手を出さんのかね。なんで川相二軍監督をファンサービスしたからという理由でクビにするかね。なんで横浜球場監督室のバッグ泥棒の犯人を長嶋コーチと決めつけクビにするかね。なんで秦コーチが巻き添えかね。なんで信子夫人の使いっ走りを断っただけで高橋はクビかね。なんで山井を代えるかね。なんで負け試合で親会社のお偉方にガッツポーズされて喜ばれるほど、あんたは嫌われるのかね。なんで優勝手記を給料もらってる会社ではなく、ライバル他社に載せるのかね。なんで息子まで球団から5000万円ももらえるのかね。なんで新井良太の親父さんともめているのかね。そもそもあんたは中日に何しに来たのかね?
ジータの記事をよく読みなさい。いまさら反省されても遅いけどね。
ーーーーー以下ネットより転載ーーー

ヤ軍移籍でイチローに変化…「日々誠実に」ジーターの言葉を実践
スポニチアネックス 9月17日(月)8時28分配信
 イチローヤンキースに来て変わった。マリナーズ時代は自身のコンディショニングに費やす時間を最優先し、米メディアへ対応する機会が少なかったが、移籍後は取材を断っている姿を見たことがない。全米ネットワークでもローカルメディアでも、差別せずに快く対応している。
主将のジーターは常々「日々誠実にメディアに対応することは大切な仕事」と言い、ジェーソン・ジロー広報部長も「ヤ軍の選手として、メディア対応は必要不可欠なもの」と説く。かといって球団が選手に強要するわけではなく、選手がその文化を自覚して実践しているのが素晴らしいところ。思えば、マ軍時代から秀逸なコメントを生み出してきたイチロー。その言葉に触れる機会が増えたことは喜ばしいと思う。
ーーーーーー以上ーーー
なんだか、最後はイチローに気を遣った「ちょうちん記事」になっちまったけど、真のスポーツ選手、真のプロフェッショナルとはジータのようなことを言う。落合、よく読んでおけよ。
明後日からNYですので、オバマさんと会って、余裕があったらヤンキースタジアムまで出向いてジータとイチローに会ってきます。