少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1375 銀行と不動産1

なんとか住宅ローンが追い付いたからかな、みずほ銀行が「お金貸してあげましょうか?」と電話してきた。みずほのヤクザまがいの取り立て社員とはかつて、さんざんやり合ったけど、返すものをキチッと返したら、また客(人間)として扱うつもりなのだろうか。したたかと言えばしたたか。ゲンキンと言えばゲンキン。しかし、当方にとってもいけすかない話ではない。「ぜひよろしくお願いします、お代官さま」と卑屈なまでも下手に出る。
その後、笹塚の三菱東京UFJに出向いたくだりは先に書いた。
僕が三菱でイラついた原因のひとつに、人を待たせていたことがある。銀行で待っている間に携帯が鳴った。不動産屋さんからだ。「いい物件が出たので案内したい。今どちらですか?」という内容だった。
銀行まで車で迎えに来てくれるというので「じゃあお願いします」ということになり、まさか、この件で50分もかかるなどとは、まったくの想定外で、どんなに長くても30分でカタがつくと見た僕は3時30分に待ち合わせをした。結局、三菱のバカ行員のお相手で、10分の遅刻。遅刻を他人のせいにしてはいけないので、これは自分の見通しの甘さを含め反省。
で、いつもお世話になっている大山町の住建ハウジングさんへ。お世辞ではなく、ここの会社はスパルタ方式で、いつ会社の前を通っても早朝から深夜まで、みなさんモーレツに働いている。言葉遣いも礼儀も丁寧で、ものすごく気分がいい。もし不動産を買うチャンスがあれば、ぜひ、この会社を通して契約したいと思っている。
そしたら、担当者から、素敵なプレゼントが・・・。こいつは久々に嬉しいぜ。「まだ、契約もなにもしてないのに、本当にいいんすか?」
見よ、新潟産こしひかり2合×2袋と新潟長岡産の清酒2本。

「どうして、こんなのくれるわけ?」
「うちの社長がイベント好きで・・・」
「いいね、そういうの。日本酒に米、センスいい社長さん」
「伝えておきます。ところで物件はいかがでしょうか?」
「うん、苦しゅうないよ」
というわけで、今週木曜日、大久保駅前5階建ビル8300万円、見に行きます。