少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1387 戦力外通告・悲しい季節〜

夢破れて 山河あり 兵(つわもの)たちの 夢のあと・・・
悲しい季節がやってきました・・・。
戦力外通告」。他に言い方がないものだろうか?
日本の「大学受験」になぞえるなら、希望校に合格することががゴールとするなら、プロ野球は入団することがスタートと言える。
現在のプロ球団の支配下選手枠は一球団70人が上限と定められている。毎年、ドラフトにより6人〜10人程度の選手を補強するので、当然、トコロテン方式で、同じ数だけの選手が「引退」もしくは「戦力外」として球団から去る。
現在では育成選手として、支配下選手とは別に「練習生」のような型で選手を獲得する制度ができた。支配下選手の最低年俸440万円に対して、育成選手は年俸240万円。3桁の背番号を付け、一軍の試合に出ることはできない。その出世頭といえるのが巨人の松本哲也外野手(28)だろう。06年育成枠ドラフト3位入団。09年に新人王とゴールデングローブ賞を獲得した。
センスはあるが身長168㎝の小柄故、巨人のスカウト会議でも、獲得に反対はが多かったが、ダメモトで獲得し、化けた典型だが、昨シーズンから伸び悩んでいる。
プロ野球は本当にあけてみなければわからない。
オリックス4位指名の鈴木一郎だって、仰木監督の就任が一年遅かったら、今ごろは名古屋で少年野球の監督だっただろう。
2000本安打を放ち、野村、若松、ヒルマン、梨田、栗山の5人の監督を胴上げした珍しい経験を持つ、日本ハム稲葉篤紀外野手(40)の例は興味深い。94年のドラフト3位で法政大学からヤクルト入団。
たまたま当時の野村監督が、息子・カツノリの試合を見に行った神宮の明治ー法政戦で稲葉がホームランを放ったのがきっかけ。しかも2試合見に行って2試合と打ち、印象に残ったそうだ。
スカウトに尋ねると「稲葉本人はプロ希望だがモノにはならない」との返答。しかし、獲得予定の選手が他球団に指名されたためノーマークだった稲葉を野村監督の「とりあえず、獲っておけ」の一言で獲得に至った。
もし、あの日、野村監督が、カツノリを見に行かなかったら、もし、あの試合が法政ではなく早稲田だったら、今ごろ、稲葉も名古屋で少年野球の監督をして、鈴木一郎率いる名電ヤンキース対中京レッドソックスに凌ぎを削っていたに違いない。
野村監督が常々言う。「プロ野球選手は選手としての時間より、引退してからの時間がずっと長い。解説者やコーチ、監督、スタッフ、職員として野球に携われる仕事に就ける者は、ほんのひと握り。引退後の将来設計を入団した時点から、よく考えなければ、ならない」。と、こんな話を選手たちに、耳タコで話すという。
僕が駆け出し記者のころ、飛行機はおろか、新幹線の切符すら自分で買えない選手がほとんどだった。球団がすべて用意してくれるので、現役のうちは問題ない。ところが引退した途端、社会人迷子になる元選手が続出したのだ。今でこそ、各球団とも最低限の社会生活指導は行っているが、社会人野球の経験なしに、高卒、大卒でいきなりプロに飛び込んだ選手のほとんどは、引退後、まともな社会的習慣を身につけていない。タニマチ社長の経営する会社に就職できたとしても、礼儀以外は半人前で、とても社会人として仕事にならなかった。
それを踏まえて野村監督は「野球の技術や知識より、まずは社会人として生き残れるための人間教育を最優先」と言う。
「ミーティングの時、ほぼ全員が必ずメモを取る、素直なヤクルトの選手に比べて、阪神の連中は、なんや、このオッサンという態度で、メモも取らない、早く終われ・・・と言わんがばかりの態度」とは野村監督の言葉。稲葉、宮本慎也(稲葉と同期のドラフト2位入団)らが野村塾の筆頭卒業生といえる。残念ながら阪神には野村塾をまともに卒業した選手はいない。アニキ金本はノムさんと入れ替わりで星野塾の塾生。
最後に、就任一年目、しかも大黒柱ダルビッシュが抜けた状態でリーグ優勝に導いた栗山英樹監督(51)も83年のドラフト外入団。
当時、ドラフト外入団は各球団にひとりいるかいないかだった。元阪急の松永浩美もそうだが、僕はこういう「雑草」「アウトロー」選手が大好きで、よくインタビューさせていただいた。いつか、そのころの記事を紹介させていただくとしよう。
長くなりました。では、10月06日現在の「戦力外通告リスト」。納得できない多くの選手たちへ、「トライアウト」(入団テスト)での再起を心より期待し、愛したグラウンドで燃え尽きることができますよう、心よりお祈りさせていただきます。「頑張れ」。
 12球団の引退選手、戦力外選手など一覧。

 【巨人】

中谷仁捕手=引退

朝井秀樹投手=戦力外

久米勇紀投手=戦力外

土本恭平投手=戦力外

宮本武文投手=戦力外

古川祐樹投手=戦力外

斎藤圭祐投手=戦力外

円谷英俊内野手=戦力外

財前貴男内野手=戦力外

伊集院峰弘内野手=戦力外

小林高也外野手=戦力外

(安藤評=巨人は12球団最多の23人もの育成選手を抱える大所帯。これは清武前代表の自前で育てる方針だったが、清武氏が去り、また、巨額で他球団から熟成選手を補強する方針に切り替えた証しの大量解雇)

 【中日】

英智外野手=引退→コーチ就任へ

マキシモ・ネルソン投手=戦力外

久本祐一投手=戦力外

平井正史投手=戦力外

小笠原孝投手=戦力外

金剛弘樹投手=戦力外

斉藤信介投手=戦力外

高島祥平投手=戦力外

加藤聡文外野手=戦力外

(安藤評=英智クン、コーチ就任おめでとう。ネルソンおじさんクビかあ・・、昨年の開幕投手・年俸7500万円。まだ30歳。ドミニカに帰れば十分暮らせる。イスラエルリーグでプレーした珍しい経歴。久本投手、貴重な左腕、まだ33歳、少しもったいない。山本昌からスクリューボールを教えてもらえ。平井投手、宇和島イーストからドラ1でオリックスへ。イチローと同年代37歳、ようドラゴンズで頑張ってくれました、ありがとう。小笠原投手、明治の紫紺魂ありがとう。36歳かあ・・・。先輩の豊田誠祐に頼んで、球団職員の道へ、校友会としても頑張っていただきたい)

 【ヤクルト】

(安藤評=一場クンには明治魂で頑張ってもらわんと・・・。加藤幹典、アカンかったか・・・。07年のドラ1、27歳。川和高校ー慶大の一般受験という秀才。やっぱ三菱商事に行くべきだったか?フロント入りするかどうするか、注目したい)

福地寿樹外野手=引退→コーチ就任へ

福川将和捕手=引退

一場靖弘投手=戦力外→現役続行希望

加藤幹典投手=戦力外→未定

小野寺力投手=戦力外→他球団オファー待ち

山岸穣投手=戦力外→引退

渡辺恒樹投手=戦力外→未定

木下達生投手=戦力外→未定

上野啓輔投手=戦力外→現役続行希望

麻生知史内野手=戦力外→未定

北野洸貴外野手=戦力外→未定

曲尾マイケ外野手=戦力外→未定

 【広島】

石井琢朗内野手=引退

小松剛投手=戦力外→育成選手契約へ

相沢寿聡投手=戦力外→打撃投手へ

山本芳彦内野手=戦力外→打撃投手へ

末永真史外野手=戦力外→未定

永川光浩投手=戦力外→育成で再契約

中村亘佑捕手=戦力外→育成で再契約検討

(安藤評=石井さんについては、脱帽の一言ですな。88年足利工業からドラフト外入団。勤続24年42歳。プロ野球選手のお手本中のお手本。2000本安打。将来の監督候補生。これからいい選手を育ててください)

 【阪神

金本知憲外野手=引退

城島健司捕手=引退

小林宏投手=戦力外→現役続行希望

鄭凱文投手=戦力外

蕭一傑投手=戦力外→現役続行希望

松崎伸吾投手=戦力外

野原祐也外野手=戦力外

石川俊介投手=戦力外

横山龍之介投手=戦力外

甲斐雄平外野手=戦力外

吉岡興志投手=戦力外

(安藤評=アニキ、城島捕手、ご苦労様でした。小林投手はトライアウト頑張ってください。好きなタイプの投手です)

 【DeNA】

清水直行投手=戦力外

新沼慎二捕手=引退

大沼幸二投手=6月に引退

福山博之投手=戦力外→現役続行希望

小林公太投手=戦力外→現役続行希望

大原淳也内野手=戦力外→現役続行希望

高森勇旗内野手=戦力外→現役続行希望

(安藤評=清水投手、やっぱりアカンかったか?ヒザの手術が影響したか?37歳)

 【日本ハム

松家卓弘投手=戦力外→未定

(安藤評=同じリーグ優勝でも、セ・リーグの優勝球団とのこの違い。多くの選手にチャンスを与えるという巨人の手法も悪くないが、それは資本力にモノを言わせた成金野球ともいえなくはない。金さえかければ・・・という巨人金権野球を嘲笑う)

 【西武】

平尾博嗣内野手=引退

佐藤友亮外野手=引退

星野智樹投手=戦力外

マイケル中村投手=引退

大島裕行外野手=引退

阿部真宏内野手=戦力外

エンリケ・ゴンザレス投手=戦力外

藤田太陽投手=戦力外

桟原将司投手=戦力外

(安藤評=平尾・・・かあ、93年ドラ2で大宮東から阪神へ。阪神には申し訳けないが、広島に入って鍛えられたら、もっと伸びた逸材だと思う。同じく藤田太陽、00年のドラ1阪神。まだ未完成の選手が巨人、阪神に入団したら、たいがいが潰される。マイケルは巨人なんぞに行かなくて、ハムに居れば、まだ投げれたのに・・・)

 【ソフトバンク

小久保裕紀内野手=引退

アレックス・カブレラ内野手=7月に退団

堂上隼人捕手=8月に自由契約

(安藤評=小久保キャプテン、ご苦労さんでした。球団から強姦魔を出してしまいましたな。あまり話題にならなかったのは、ソフトバンクはマスコミの大大大スポンサー様。上戸彩と犬のお父さんをテレビや新聞で見ない日は一日もありません。強姦魔を書いたら広告出してもらえません、という大人の事情。しかし、名前が困る。ドラゴンズの有望兄弟と同じではないか)

 【楽天

下柳剛投手=戦力外→現役続行希望

有銘兼久投手=戦力外→未定

佐竹健太投手=戦力外→未定

川岸強投手=戦力外→引退

川島亮投手=戦力外→現役続行希望

(安藤評=下柳さん、粘りますねえ、好きですよ、東京メッツ岩田鉄五郎目指してください。川島投手、03年の自由枠でヤクルト入団、04年の新人王。トライアウト、頑張ってください)

【ロッテ】

今岡誠内野手=引退

蔡森夫内野手=戦力外

(安藤評=鉄仮面・今岡、好きな選手です。PL-東洋大-96年阪神ドラ1。超エリート鉄仮面。コーチに就任かな?日ハム・二岡選手と鉄仮面兄弟と安藤は呼んでいます)

 【オリックス

北川博敏内野手=引退

鈴木郁洋捕手=戦力外→未定

西川雅人投手=戦力外→現役続行希望

長峰昌司投手=戦力外→現役続行希望

柴田亮輔内野手=戦力外→未定

森山周外野手=戦力外→現役続行希望

荒金久雄外野手=戦力外→未定

丹羽将弥外野手=戦力外→現役続行希望

延江大輔投手=戦力外→現役続行希望

甲斐拓哉投手=戦力外→引退

小林賢司投手=戦力外→引退

(安藤評=ここはもうグチャグチャ。横浜ベイより悲惨。北川と鈴木に関しては、そりゃねえだろう・・・というのがプロ野球ファンの見方。オリックスなんてゼニがタンマリあるんだからさあ・・・。地味だけど面白いチームだと思いますよ、本当は。サラ金会社だから、あんまり目立ちたくない気持ちもわかるけどね。叩けば埃が出てくるし・・・)

読者さま、おつかれさまでした。
書く方も疲れました。
選手のみなさま、ご苦労様でした。ほんとうに楽しませてくれてありがとう。第二の人生、頑張ってください。そして、現役を希望される方、是非、悔いの残らぬよう、テストで全力を出せるコンディショニングつくりに励んでください。