少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1447 横浜紀行最終回

「ところで、何か召し上がりますか?」
「そうですねえ、じゃあ、海老あんかけチャーハンを」
「大盛りにできますけど」
「それはありがたい。よろしくお願いいたします」
柔和そうな店主の奥方らしき女性が注文を取りにきてくれた。
そして、しばし、奥方と野球の話になり、店主は厨房で僕の海老あんかけチャーハンの作成に・・・・。

気合いの入ったドラ吉店内に感動し、つい昔話を奥方に披露。

美味そうな「海老あんかけチャーハン大盛り」(950円)を運んできてくれた店主に奥さんが「ねえねえ、こちらのお客さん、昔、ドラゴンズの応援団長さんだったんだって・・・」と言うと、店主の動きが一瞬止まった。
「えっ・・・それじゃあ・・・も、もしかして、明治大学の、安藤さん・・・ですか・・・?」
「いかにも、わたくしは、安藤ですが、私のことを存じておると申すか?」
「あいや〜〜〜〜。昭和57年の横浜スタジアム、わたくし目も、ご一緒にレフトスタンドで応援させていただきました〜〜〜〜〜」
「あいや、そうであったか。おぬしも昭和57組の生き残りでござるか」
「あいや〜〜〜、お懐かしゅうございまする。少し大きくなられたので、気が付きませんでしたが、本物の安藤さんだあ〜」
店主はそういうと、我が手を両手で握りしめ、記念写真まで所望された。
「いやいや、このような歓待は苦しゅうないが、照れ臭いですな。されど、あの試合は最高だった」
店主は当時の思い出話をひたすらしゃべり、当時の写真やら、名古屋、甲子園、広島遠征の記念写真を披露してくださった。名を尋ねると「段」さんという。在日中国人四世だが、どういうかけか根っからのドラ吉。故郷の中国には行ったことがないどころか、パスポートも持ってなく、海外に出たことがないという。
「そんなとこに行く金を貯金して、年に一度の、名古屋、甲子園、広島遠征に注ぎ込んでいます」という筋金入り。こりゃドラゴン斉藤二世だわ。鎌倉在住のドラゴン斉藤さんの帰宅ルートでもあるので、何度か連絡入れたが繋がらず。来シーズンの大洋戦の試合後の打ち上げ会場が確定した。

それにしても、いろんな意味で嬉しかった。
旅の最後をいい店、いい店主に出会えて、締めくくることができてサイコーでした。それにしても、この店は表彰ものですよね。こういうファンが支えてくれていてこそ成り立つプロ野球。落合に聞かせてやりたい。
僕が直木賞とったら「ぶらり旅」で紹介します。おしゃれさんなら「Mens 馬車道」、メガネを退治するなら「メガネ・バスター」、そして海老あんかけチャーハンとドラゴンズなら「来来」・・・。また行きます。ありがとう。

横浜紀行、長い間ご愛読ありがとうございました。