少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1498 安藤総理大臣25

はい、この手の公務員のコズルい手法は、ほんの氷山の一角です。このような不正を徹底的に絞れば、増税の必要なし。
加えて教育現場であるまじき事態。
「教育の充実なくして、国家の繁栄など有り得ない」ということで文科省ではなく、文部省を独立に戻し、文部大臣は戸塚宏戸塚ヨットスクール校長を任命し、人間教育上、最低限必要な体罰は、しつけの一環、教育者の使命として容認する。
学校給食を不味くする必要はないが、特別、美味しくする必要もない。普通のものを食わせるべし。アフリカの飢餓、餓死する世界の子供の映像を定期的に見せ、食の有り難さ、尊さを摺り込ませるべし。ガキのうちからグルメにする必要なし。社会に出てどうするつもりか?
「教職員組合憲法違反、および不正行為対策委員長」に橋下徹くん(兼任)を任命。これには異議ないだろう。
「公務員の給与、報酬の適正化委員長」に蓮舫くん(兼任)を任命する。力を発揮していただきたい。
新設する医療科学省には山中伸弥ipsくんを任命する。人命に直接かかわる部署なので、本省にかかわる予算については、安藤総理が直々に交渉に応じる。
ーーーーーー以下ネット配信記事転載ーーーーーーーー

道教委調査で北教組員ら4169人不適切勤務が発覚 給与1318万円返還要求
産経新聞 11月24日(土)7時55分配信
北海道教職員組合(北教組)による勤務時間中の組合活動問題に絡み、北海道教育委員会が道内の全公立小中高校の教職員を対象に実態調査したところ、平成18〜22年度の5年間に、北教組組合員ら4169人が、勤務時間中に帰宅するなどの不適切勤務をしていたことが23日、関係者への取材で分かった。不適切勤務は計4418時間に上り、給与約1318万円が不当に支給されていた。道教委は近く調査結果を公表し、返還を求めるとともに関係者の処分を検討する。
4169人のうち9割近い3588人については、本人の証言が得られなかったケースで、時間と給与支給額を算出していない。このため、実際の不当支給額は数千万円規模に上るとみられる。
調査は昨年11月以降、2350校、5万497人を対象に実施。出勤簿などを精査し、疑いのある教職員には事情を聴くなどした。
関係者によると、不適切勤務で最も多かったのは、夏休みなどの長期休業中、勤務時間が順守されなかったケース。各学校舎の警備システムの記録を調べた結果、例えば始業の1時間後に解除されたり、退勤の1時間前に作動されたりして183校の384人が計2472時間、勤務時間を守らず、給与計約720万円を不当に受けていた。
このケースでは3588人が不適切勤務を認めず、大半が「システムを作動させた後、校内巡視などを行い終業時間後に退勤した」などと説明しているが、道教委は同一校でほぼ全員が同じ回答をするなど、「明らかに不自然」としている。
また、夏休みなどに「校外研修を行う」と校長に届けたにもかかわらず、実際には行っていなかったケースが、110校で154人に上り、不当支給額は計約498万円だった。

【用語解説】北教組をめぐる不適切勤務問題  平成22年3月に起きた民主党衆院議員への北教組の違法献金事件を契機に、北海道教委が教職員の実態調査を実施したところ、勤務時間中の組合活動など、延べ400人以上に法令違反の疑いが発覚。さらに会計検査院が昨年、全教職員の1割を抽出調査したところ、延べ647人の不適切勤務が判明した。このため文部科学省は昨年10月、道教委の調査は「不十分」として、検査院と同様手法による全道調査を指示していた。
ーーーーーーーーー以上ーーーーーーーー
北海道の人は純朴だと思っていましたが、やることはやってたんですね〜
これぞまさしく「税金どろぼ〜」みんなでやれば恐くない・・・ってか?