少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1521 奥村徹先生個展告知

あんまき高校時代の美術部の恩師「奥村徹」先生が名古屋で個展を開かれます。あんまき高校の美術部OBOGの方々は行くべし。安藤総理も最終日には馳せ参じます。
2012/12/04(火曜日)〜12/09(日曜日)
AM11:00〜PM6:00 最終日はPM4:00まで
名古屋・ギャラリー彩(4F メインギャラリー=名古屋市中区錦3-25-12 tel-052-971-4997)
テーマ 「内と外」
人間の意識や非意識の真奥に蠢く情念や理念のせめぎあいの中から人間的産物を純化された造形として抽象の空間に舞い上がるフォルムこそが、私の求める世界であり詩(うた)でもあります。(案内状より)
師の教えに忠実に従い、抽象の空間に舞い上げたフォルムこそが、あんまき高校三年八組の卒業アルバムなんだよボボ山くん。
それを松ちゃんときたら、とんだ芸術オ・ン・チ・・・。

ちなみに、これが空間に舞い上がるフォルムの見本。

さて、奥村先生のプロフィルをご紹介。
1936年生まれの名古屋っ子。1959年、愛知学芸大学卒。途中だいぶ略して1995年パリへ行き、フランスパンを食べる。さらに略して1983年、名古屋市のマンホールの鉄蓋のデザイン。ずーと略して今日に至る。途中、趣味であんまき高校の美術教師を勤め、日本のシャガールを見い出すが、その男は筆を捨て、総理大臣になってしまった。
山梨の京子ちゃん・・・行けますか?
あなたがくれた、油絵、いまでもビリケンカフェに飾ってあるよ。
あんまき高校美術部の後輩の子だな・・・。
ところで、これは、あんまき市のマンホールの鉄蓋です。こんなところにも美を感じ、激写した安藤総理の繊細なセンスを感じます。


ところで、これは、早朝の名鉄あんまき駅前。バスの横で意味深に佇む若き女性・・・。

こんなところにも哀を感じ、激写した安藤総理の大胆な下心を感じます。

久しぶりに奥村先生にお会いできる。H・Tちゃんも一緒に行かない?