少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1590 当然こうなる、東電訴訟

タイトル通りの記事です。
アメリカはマクドナルド喰い過ぎて肥満になったから一億円払え・・・という訴訟がまかり通る国。マクドナルドの訴訟は無茶苦茶としても、今回の東電への訴訟には道理がある。
日本国内でも、何人か集団訴訟を起こしているが、まだまだ、こんなもんは序の口だろう。当然だが、原告側は東電に倒産してもらっては困るだろうが、実質的にはすでに経営破綻した会社。つまりJALと同じ。
すでに1兆2000億円の血税が注ぎ込まれ、社員の給料やボーナスを調達するため、さらに7000億円を無心してきた。厚かましいにもほどがある。血税のタカリじゃないか。
原発自民党が党の威信をかけて進めてきた事業だから、今後の日本は間違いなく原発再稼働で原発大国になる。危険地帯には「ヨウド」が備蓄され、放射能漏れ対策関連会社の株価は現在も上昇中。おかしくないか?
JALみたいに、一旦清算してゼロからやり直し・・・など夢のまた夢。東電自民党政府は表裏一体で、学会員に表で「反原発」を唱える「公明党」は裏でがっちり自民と堅い堅い握手をしてキンタマを握り合い「原発推進」でピースサイン。誰がどう見てもミエミエのデキレース。
それでも、こんな放射能垂れ流しの国でオリンピックと叫ぶ愚か者の衆は招致費用という名の税金も垂れ流し。寒い寒い東北地方の被災民はいまだおよそ35万人以上。冷暖房不備、食糧も不十分、医療機関の医療スタッフも圧倒的人員不足、義務教育施設も離散分散で、受験生に不利、だけど、安部ちゃんの女房の居酒屋、東電社員の予約でいっぱい大繁盛。トモダチ作戦・・・って、日本はトモダチに引っ越し手伝ってもらったら、昼飯おごって、夜は居酒屋で安酒飲ませて終わりなんだけど、あれって、莫大な費用払って、さらに訴訟起こされて・・・だったら最初からアート引っ越しセンターにお願いしとけばよかったネ・・・というのが、今回のオチ。
そら、東電が最初から本当の放射能漏れ情報を流したら、誰も手伝いに来ないから、仕方ないじゃん・・・と言われればそれまでだけど、完全なる確信犯。東電の犯した罪を、国民が負担して、それでも東電社員は甘い汁を吸い続ける。そんな政治方針をみなさんはお選びになりました。
以下ネット記事ーーーーーー


トモダチ作戦の米兵8人東電提訴…情報なく被曝

読売新聞 12月28日(金)9時4分配信
【ロサンゼルス支局】米ブルームバーグ・ニュースは27日、東日本大震災の被災地支援活動「トモダチ作戦」で三陸沖に派遣された米空母ロナルド・レーガンの乗組員8人が、東京電力福島第一原発の事故に関する正確な情報を得られずに被曝(ひばく)したとして、東電に総額1億1000万ドル(約94億円)の損害賠償などを求める訴えを米連邦地裁に起こしたと報じた。

 乗組員らは、福島第一原発放射能漏れは危険ではないとの誤った印象を東電などが作り上げたせいで、原発に近い海域で放射能にさらされたと主張。損害賠償に加え、乗組員の治療費などを拠出する1億ドルの基金設立を求めている。


ーーーーーー以上ーーーーーー


こんなの序の口。まだまだ訴訟は増えるぞ・・・。


ひさしぶりに聞いてみよう!

もう一丁、アナザーバージョンで・・・