少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1642 チョコレー党は不滅です2

「もうすぐ来る ヴァレンタイン 想い出の日には〜
 また会おうと言った もう会えないくせに〜〜〜〜」
何の曲かわかりますか? そうですユーミンちゃんの「12月の雨」
本来クリスマスソングですが、クリスマスを過ぎたリサイタルでは、クリスマスをヴァレンタインヴァージョンにして唄うのでファン垂涎です。


さて、もうすぐ来る「ヴァレンタイン」ですが、チョコレー党大統領として、実に冷ややかな眼差しで見つめています。


その理由1・あまりご縁がないので、ただただ悔しい。たくさんもらえるヤツが羨ましい。
その理由2・神聖なるチョコレートを商売に使いやがってこのヤロー。チョコレートの本質の意義がないがしろにされている思い。
その理由3・「オレ、喰わないから・・・」と捨てる愚か者がいる。
その理由4・神聖なるチョコレートが「安値」もしくは「高値」で売られ、本来のチョコレートの価格が乱れ、市場を荒らされている。
その理由5・デパ地下やショッピングセンターへ行くと、目に入るやつ、全部食べたくなる。


ーーーーー以下ネット記事抜粋ーーーーー


バレンタイン、チョコの予算は?

2013年1月21日

バレンタインの予算、本命と自分チョコは1000〜1999円

ドゥ・ハウスがまとめたバレンタインデーに関する調査結果によると、本命チョコをあげる予定の女性は約8割で、自分チョコと同じ予算でよいと考えている人が多い。

 20歳代から60歳代の女性1326人を対象にオンラインアンケートを実施したところ、78.4%が今年のバレンタインデーに本命の相手にチョコレートをあげる予定だと答えた。本命チョコの予算は「1000円―1999円」(42.1%)が最も多く、次いで「501円―999円」(21.0%)、「2000円―3000円」(17.4%)と続いた。

 自分にあげるチョコレートの予算は、本命チョコと同じく1位が「1000円―1999円」(42.2%)、2位が「501円―999円」(23.0%)、「2000円―3000円」(19.3%)となった。スイーツ好きな女性にとってバレンタインシーズンは、好きな人に思いを伝えるだけでなく、自分へのご褒美に美味しいチョコレートを手に入れる機会にもなっているようだ。

 会社の同僚、上司、友達(異性)に渡す義理チョコの予算は、1位が「500円以下」(41.9%)、2位が「501円―999円」(38.3%)で、1000円未満が8割を占めた。あげる人も受け取る人も、気が楽な値段と言えそうだ。
ーーーーーーーー以上ーーーーーーー


だからどうしたコノヤローという全く無意味なアンケート。
チョコレート様に「義理」とか「へちま」とか形容詞を勝手にくっつけんじゃねえ、愚か者。
チョコレートは本来「命」の分身。安藤大統領はいつも、チョコレートをいただく際、冬山で遭難したことを想定し、無事下山するための体力を温存するのだと自分に言い聞かせ、大切な人の顔を思い浮かべながら、命を繋ぐ神からの贈り物だと深く心から感謝し、最後のカケラや粉まで舐めるのですが、なにか?


安藤大統領所信表明その2
「チョコレー党にとっては一年365日、一日24時間がヴァレンタインデー。たかだか365/1日ごときのことで大騒ぎするんじゃねえ。目的意識を鮮明に持て、日本の諸君、マスコミチョコ屋の商戦に踊らされるんじゃねえ。無駄な義理チョコはすべて、安藤大統領に届けるべし。その方がチョコレートサマは1億倍喜ばれる」


Royal社の「Delights 73% Dark Orange」(韓国製)広州市番禺区市橋の菓子専門店にて購入。35元(450円)。73%のビターに薄いオレンジフレーバーが程よく合う。パッケージと中身の包装が実にエレガント。しかもコストパフォーマンスも悪くない。18枚入りだから日本なら確実に1000円は超えるだろう。チョコレートに関していえば、韓国製は質が高い。チョコランキング暫定49位。