少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1651 体罰と光頭老老師

以前に当ブログにコメントをいただいた新安城レトロカフェの論客「光頭老」老師のブログから無断で転載いたしました。
まずは一読されたし。
ーーーーーーー以下、光頭老老師のブログよりーーーーー

2013年1月10日 (木)


指導死?


またもや 「指導死」 なる新語、造語が生まれた。
報道によれば、大阪の市立高校バスケ部の生徒が、顧問教師の“指導”を苦にして自殺! 問題の顧問教師は事件が表面化した後、遺族の 「指導だったのか? 体罰だったのか?」 の詰問に対して、それまで体罰を否定していたが初めて体罰であったことを認めたと云う。

メディアはさかんにその体罰を問題にしているが、しかし、体罰そのものが悪い訳ではない! 今時の子供達は精神的にひ弱な面もあるだろう。だから私ャー、時には体罰を与える事も否定はしない。

スポーツに限らず、何事も心身ともに本当に強い人間を育てるためには、時には体罰も含めて厳しく指導しなければならない。しかし問題はその体罰の与え方、方法、タイミング、そして最も重要なのは、その体罰の限度と、それを受ける相手の個人差を加味しなければならない。

特に学校の先生、指導者は生徒たちの個人差を分かってなければならない。少々ぶん殴ってもへこたれない子供もいるだろうが、反面強い口調で叱りつけただけで落ち込んでしまう子もいる。チョット怒鳴っただけで泣き出すような子もいるだろう。

体罰を与えながらも、その時の子供の様子を伺いながら、反応を注視しながら、その子の精神状態を想像しながら、愛情を持って、限度を考えて体罰を与えるのであれば、必ずその意思は子供に通じて自殺にまで追い込むことはないだろう。つまりこれこそ本当の“愛のムチ” なのだ!

今回の問題の教師に限らず全ての体育会系の人間は、部下や生徒を指導する時に、上に書いたような配慮をしないからこんな事になる。そんな事も分からない先生だったら、まず先生、指導者の資格なし!

単に鍛えりゃ〜良い、ってものではないだろう! 今回の問題の学校に限らず、スポーツ強豪校での指導者による体罰は過去にもたびたび表面化しているが、今回も例によって教育委員会や学校側は、兆候を掴んでいながら見て見ぬふり。

それは、以前の いじめ問題 と同じで、学校現場の 「事なかれ主義」 であり、また指導の名の下に暴力を容認しがちな 「勝利至上主義」 でしかない。つまり、教師による体罰は子供を律するため、やむを得ず使う教育的な行為ではなく、単に戦績をあげるための強制的な暴力 であり、指導という美名の下 で暴力など不都合なことは隠される。以前起こった大相撲のある部屋の親方や兄弟子が、弟子を殴り殺したのと同じ!

さらに、特にスポーツ強豪校では子供を利用して、指導者が自分の地位や名誉を築くようなことが行われているのも周知の事実。ふざけんなッ!
学校側も体罰を容認してでも勝利を手に入れて学校の知名度を上げようとしている。アホかッ!


だから、このブログでも過去何回か書いたが、私ャー学校の体育教師だけでなく、全ての 体育会系人間は大嫌いなのだ! 単純バカで、世間知らずで、とにかく スポーツが世の中全て、スポーツさへやってたら世界中が平和になる、と単純に思い込んでいる。テレビなどで彼らの言い草を聞いてたらヘドが出そうになる!

タイトルの 指導死、これは何もスポーツに限らず、今学校現場で 「子どもが悪いことをしたから指導した」 と言いながら、とんでもない非常識な事が数多く行われている。上記 いじめ問題 でも書いたが、学校の先生達の、教師として、また指導者としての資質を疑わざるを得ない!
ーーーーーー以上ーーーーーー