少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1658 平和ボケのみなさまへ6

これぞまさしく「ガキの使い」。
でもシャレにも、お笑いにもなりません。国民として「怒り心頭」。
民主党はいったい何をやっていたんだ。まあ、田中直紀とか、国防に無知無力無気力な輩を大臣に据えるくらいだから、こんな「ずさん」は朝メシ前か。
(少数派日記 no 1490 2012/11/21 平和ボケのみなさまへ5より続く)
それにしても「酷過ぎる」。国民の生命と安全をいったい何と心得ているのか?しかも、選りに選ってこの時期に。
中国人民解放軍は、腹をかかえて笑っている。日本の稚拙な武器選び・・・。テスト飛行もせずに購入とは、にわかに信じがたい。どうせ税金だから、そんなのカンケーねえ・・・ってか? 山崎豊子の「不毛地帯」くらい読んだだろうが(超怒)
ーーーーーーネット記事転載ーーーーーーーー
F35、実戦配備不可能に 初期納入4機 防衛省性能満たさず

産経新聞 1月27日(日)7時55分配信


【ワシントン=佐々木類】日本政府が米国から2017年3月末までに引き渡しを受ける次期主力戦闘機F35Aの最初の4機の性能が、防衛省の要求を満たさないことが米国防総省の年次報告書で明らかになった。先の日米外相会談でもF35問題が初めて取り上げられており、実戦配備が不可能となることで、日米の新たな懸案に発展する雲行きとなってきた。

 F35Aが搭載予定の最新ソフトウエア「ブロック3」には、短射程空対空ミサイルなどを装備できる最終型のF型と、同ミサイルが搭載できないI型の2種類がある。

 12年の年次報告書は国防総省試験評価局(DOT&E)が今月中旬、議会に報告したもので、日本へ引き渡す機種に搭載されるソフトウエアは、「ブロック3I」と明記。これでは至近距離での対空戦に不可欠の短射程空対空ミサイルを装備できず、実戦配備不能であることが明白となった。

 F型は最大高度5万フィート(約1万5千メートル)とI型の4万フィートを上回る性能を持つ。I型は、実戦向けではなく訓練用とされる前段階の「ブロック2A」と同程度の性能にとどまる。

 昨年夏、日本の民主党政権は政府答弁書で「防衛省の要求する期限までに、同省の要求する性能を備えた機体が納入される」と明記し、F型の納入が可能として予算計上。安倍政権もこれを踏襲したが、国防総省の年次報告書はこれを完全に否定した形だ。

 報告書はまた、度重なる機体の不具合から、加速や旋回性能を当初の設計から下方修正するとした。日本は飛行テストを行わずに書面審査だけで機種選定したため、性能低下のリスクは全て日本側の負担となり、選定のあり方に禍根を残した形だ。

 沖縄県尖閣諸島付近上空では、急増する中国戦闘機への緊急発進(スクランブル)対応で、疲労寿命が決まっている航空自衛隊のF15戦闘機の飛行時間が急増し、戦闘機の近代化や防空網の穴埋めが急務となっている。

 しかし、F35をめぐっては、カナダやオーストラリアなど同盟国が調達を見直し、共同開発国のトルコや次期主力戦闘機として導入を狙う韓国も先送りの動きを見せている。今月18日の日米外相会談でも、この問題は取り上げられたが、複数の日米関係筋は「中身はもちろん、議題になったかどうかも言えない」とし、日米間で深刻な事態となりつつあることを示唆した。
ーーーーーーー以上ーーーーーー


みなさまが、お選びになられた民主党はガキ以下の役立たず。「お買いもの」もできません。鬼畜米軍にまんまと「ババつかまされて」人民軍は「祝杯」です。