少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1671 sixth sense(第六感)

書くべきか、書かざるべきか?
いずれは、書くのだろうけど、時期尚早か・・・。
少し休んでから・・・にしよう・・・。


というわけで小一時間ほど横になりました。
以前ですが、私が東北の被災地に足を運べられない理由を書きました。
自分では背負うことができないほどのこと(者)が、存在するからです。
いまだに、何が起こったのか、わからない、多くの方々がそこに存在されているからです。


いま、あらためて、自分の職業を振り返ってみます。
報道→骨董業→医療(移植)業務・・・・
そして、次の職業も、すでに自分では気づいています・・・。
それまでは、考えもしませんでしたが、やはり仕組まれた・・・というべきか、辻褄が合ってきました。


一度に多くは書けません。
この世は三次元の世界ですから、目に見えないもしか信じない、科学的に解明されているものしか存在しない。
つまりUFOや霊的なものは完全否定する・・・という方々も多いでしょう。
それはそれでいいのです・・・。
ただ、私のブログは「少数派日記」。


多数決の民主社会からいえば、小さな影にすぎません。
ただ、ここ数日の間に小さな影の存在が、より活動的になってまいりました。
いままで、自分に見えていたり、感じていたものが、単なる気のせいとか、幻覚や幻聴の類ではなかった・・・ということも。


人に話せば、変わり者扱いされかねないので、あまり他言しない方も多いのではないかと思いますが、僕は、少しずつ告白していこうかと思います。
霊やUFOの存在について、議論するつもりはありません。完全に存在するからです。
ただし、霊については対処の仕方を間違うと、命にさえかかわることなので、多くは書けません。