少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1679 渡辺vs渡辺vs渡辺

読売新聞のネット記事。
読売新聞の、みんなの党の渡辺善美代表降ろしのキャンペーンの幕開けです。
まあ、読売新聞というか、原発を再稼働させないと困る「ナベツネ」の所業ですがね。つまりは原発でぼろ儲けした企業、個人をあげれば当然出てくる、読売新聞とナベツネ。「原発絶対廃止論」を唱える「みんなの党渡辺代表」は、いわば目の上のたんこぶ。部数日本一のメディアをフルに使い、世論を煽って渡辺潰しののろしを上げた・・・と読むのが常道でしょう。
以下の記事、どうぞ深読みして、真意を見極めてください。
ーーーーーー以下、ネット配信記事転載ーーーー


渡辺代表の過激発言、維新も身内もみんなが懸念

読売新聞 2月11日(月)11時32分配信

読売新聞

 みんなの党・渡辺代表の発言の「独走ぶり」が目立っている。

 政府・与党への批判にとどまらず、夏の参院選で協力を模索する日本維新の会の橋下共同代表や、身内のみんなの党幹部にまで矛先を向けており、両党の連携に支障が出ることへの懸念が出始めた。渡辺氏の発言が収まる気配はなく、参院での協力関係構築に期待を寄せる与党も真意を測りかねているようだ。

 ◆苦言にひるまず

 「政策の一致なしに選挙協力はあり得ない。こんなのは野合だ。政策が一致する範囲で住み分けるだけだ。向こうのタマ(候補者)がそろうまで、いつまでもこちらは待たない」

 渡辺氏は9日、訪問先の大分県内で、記者団に強調した。橋下氏らが呼びかける参院選前の合流だけでなく、選挙協力にさえ消極的な考えをちらつかせたのだ。

 渡辺氏には、維新の会に合流した石原共同代表ら太陽の党出身者へのアレルギーが強い。5日のBSフジの番組でも、原子力発電所再稼働を求める石原氏らを念頭に「維新の中には、原発続行という方々がいらっしゃる。原発ゼロはたぶん一致しない」と指摘した。

 渡辺氏の発言に苦り切った石原氏から「癖がありすぎだ」と苦言を呈されても、「石原さんも相当くせ者。理念も政策も何でもいい古い自民党政治を体現している」とテレビ番組で言い返すなど、ひるむ様子はないようだ。渡辺氏の発言の背景には、国民の人気が高い石原、橋下両氏がいる維新の会と合流したら、埋没しかねないとの危惧もあるようだ。

 「口撃」の矛先が、自らの配下に向けられていることも波紋を広げている。

 みんなの党の江田幹事長が、松野頼久・維新の会国会議員団幹事長らと始めた定例の幹部会合について、渡辺氏は「どうでもいい話だ」と切り捨てた。江田氏は周囲に不快感を示したといい、維新の会幹部も「一線を越えている。黙っているわけにはいかない」と声を震わせた。みんなの党内では「勢いがある維新の会と選挙協力できなければ、参院選は厳しい結果に終わる」(党幹部)との危機感も強いだけに、「渡辺代表外しの動きが強まる」との見方さえ出始めている。
ーーーーーー以上ーーーーーーー


いまだにこんな時代遅れの戦法とは・・・。ナベツネも終わったな・・・。


・・・っちゅうわけで、やっぱり渡辺まゆゆが一番可愛いぜ!



まゆゆちゃん、かわいいけど、きっと友達いないんだろな。なんか、そんな気がする。総理がお友達になってあげてもいいぜよ。逆エンコーとは言わせねえよ!