少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1862 困難も身のため

一日が猛スピードで過ぎて行きます。
一日8時間の睡眠と3度のメシは強制。個室ではないので、消灯後の読書も認められません。ただ、時間にメリハリをつけることは良いことでしょう。
子供のころ過ごした井畑団地。一学年下にアタマのイイ方の安藤くんという子がいて、その子は、総理と同じ小中学校でしたが、ストレートで東大に入りました。その子の家は9時消灯で、それまでに宿題や勉強をやっつけなければなりません。中学生に9時はきついでしょ。だからテレビなんか見る時間もなく、そら、もの凄い集中力で宿題とかやっつけたと思います。
おまけに安城北朝鮮中学ですから、部活も半端なく厳しく、運動部の平日は5時to5時。朝練のため朝5時に家を出て、学校を出るのが夕方の5時。帰宅して、メシ喰って風呂入ればどんなに急いでも6時半。彼は、消灯の9時までの2時間半を有効活用して集中力を身につけたのだと想像します。
もう一方の安藤君は「アタマのワルイ方の安藤くん」と呼ばれていましたが、今では総理大臣をやらせていただいています。東大の安藤君は通産省にいるみたいです。人生はわからないもんですねえ・・・・。


一日が猛スピードで過ぎて行きます。
まるで死期が迫る人のように、あっという間です。
院内はGWに向けて、完全なるマッタリ状態。みなさん、故郷のパパママ、友人知人愛人恋人に会うために、心ここに在らず・・・という感じ。看護師だけではなく、調理場も同様で、朝食の味噌汁が具無しの素味噌汁でした。こんなことは初めてのことで、メニューを確認したら「もやし 絹さや」とあったので、ただ単に入れ忘れたのでしょう・・・。
朝の回診で偉い先生が研修医を連れて「何か変わったことはありませんか?」と尋ねられたので「味噌汁に具が入っていませんでした」と笑わせようとして答えたら「あっ、それは問題ですね、すぐに調査して報告いたします」と・・・。オイオイ、そんなマジになられるとマジに困る。「いえいえ、事実ですけど、笑わせようとして言っただけですから・・・」と取り繕ったが、後の祭り。「いえいえ、これは大事な問題ですから、キチっとしないといけません。こちらの問題ですから、大変、ご迷惑をおかけいたしました・・・」って、いくらこちらが総理とはいえ、それは本当に本意ではない。アカン、冗談通じなさすぎ・・・。


一日が猛スピードで過ぎて行きます。
今朝は久方ぶりに腹が減りました。6時起床、7時30分から検査室で採血。試験管4本くらい血を抜かれたせいかな?ほぼ一日置きにこんな感じです。
朝食のカロリーは358キロカロリーで一日の合計は1200キロカロリー。たまたま見舞いに来てくださった知人が総理の昼食を見て、あまりにも気の毒だ、これで滋養をつけてください・・・と、以前、無塩のミックスナッツを差し入れてくれたことがあり、毎朝10粒ずつ食べていたら、それが看護婦に見つかり大問題に発展しました。
「安藤総理がピーナッツを食べた」「安藤総理がピーナッツを食べた」と病棟中の看護婦に知れ渡り、人の顔を見るたびに「ピーナッツ食べないでください」とほぼ全員に言われました。
これは昭和38年12月8日、赤坂のナイトクラブ「ニューラテンクォーター」で暴力団組員に登山ナイフで刺された力道山が、入院先の病院で禁止されていた炭酸飲料のサイダーを飲んだとか飲まなかったとかの論争以来、実に50年ぶりの論議に発展してしまった。
現実問題として力道山がサイダーを飲んだか飲まなかったかの真相は迷宮入りしたが、直接の死因はサイダーが原因とされていた説は、1993年に岐阜大学医学部の土肥修司教授(当時)が発表された「麻酔と蘇生」で覆された。同書の中には「力道山の死因は、運び込まれた病院で麻酔を担当した外科医の失敗」と明記されています。
ですから、「サイダー」も「ピーナッツ」もそんなに大きな問題になるべく案件ではないのです。それを鬼の首獲りのごとく「総理がピーナッツ・・・」と騒ぎ立てるのは、いかがなものか?
ただ、悔しくてならないのが、安藤総理が食したのは「ピーナッツ」ではなく「アーモンド」なんです。何度も看護婦に訂正を求めましたが「ピーナッツもアーモンドも同じです」とけんもほろろ(無愛想に人の相談などを拒絶するさま)。きゃつらは何もわかっちゃいねえ・・・。
安藤総理の位置づけでは「ピーナッツ」→草野球。「アーモンド」→プロ野球。で、メジャーリーグ→「マカダミアンナッツ」と、こんな感じです。確かにアーモンドは食しましたが、ピーナッツは喰っておらん。力道山の気持ちが良くわかりました。


昨日のヒット件数381名。ありがとうございます。松風庵主の運勢アレンジがヒットの理由でしょうか?最初は5〜6人の読者から始まった「少数派日記」ですが2000本安打を待たずして、累計10万人が見えてきました。現在の累計読者数9万8286名です。よろしくお願いいたします。


本日の松風庵主の運勢。安藤総理流アレンジで・・・。
東京新聞中日新聞の運勢より・・・。


運勢(25日・赤口

「智慧が生ずれば心の受け取り方が変わる。困難も身の為と受けて発展せん。
舟は逆浪に覆らず、かえって順風に漂う。順調に用心して吉を保つ。大地の上を歩く人は、地の謙遜なる徳を養って大成する。高い断崖に石橋が架かっている。危険なれど渡るべし。
自己満足の者は失敗し易し。よく注意して自己を見直せ。全く同感ということはない。同感、異感は人生の常と悟る日。一事を多くすると、一累多くなる。事を整理して無事泰平。
敬われる事を求めるより、敬うことに精を出すべし。希望は小なれども力強き貫きあり。尊重すべし。公明正大の自己を保ちて敵と和解する開運日。兄弟相集って太平を賀す意あり。
智慧が生ずれば心の受け取り方が変わる。困難も身の為と受けて発展せん」

(松風庵主)


「時ゆかば 風に吹かれて 白筏」(平成芭蕉


総理注=幾千年の時が流れても 人というものは ただ風に吹かれるがごとく 自然の脅威や運命には逆らえないものよ いまはただ 白い筏(イカダ)というベッドの上にて 泰然自若の心境にて 時を待つべし。


コブクロの風・・・本当にいい唄ですね。癒されます。


世の中はGWへ向かってまっしぐら・・・
安藤総理はここ5〜6年はGY(Golden Year)。毎年が黄金年。ただ、尖閣竹島北方領土、東北復興と、やることは山積。ピーナッツ問題にかまけている時間はない。本日も一日の大半をベッドという白いイカダ(筏)の上で思い過ごす。