少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

1907 安藤総理ナウ

ここ4日間連続で、ピタリ04:30に目が覚める。安藤総理のトヨジ化は良い傾向だ。まだ薄暗く、電気も点けられないので、静かにパソを開き、明るくなるまでネットタイム。その後は読書、執筆、紙兎ロぺに移行して朝食となる。
夕食が6時だから朝食の7時まで実に13時間の断食。「朝食」が英語で言う「断食破り」の意の「breakfast」はこういう時にこそ使うのだと痛感する。


焦るなと言われてもやはり焦る。
日中含めて、多くの人々を巻き込んでいる故、心が痛い。移植患者さんがいないことだけが不幸中の幸いですが、長期離脱は不徳だ。
16日には新宿で戸塚宏戸塚ヨットスクール校長の講演会。20、21は上海で食品機械メーカーショー。25日には伊勢志摩でシカゴの本屋姉さんの誕生日会。28日には武蔵野芸能劇場で一龍齋貞花師匠の講談会、すべて参加予定でいるのですが。


本日から、新たな治療に入るらしい・・・・


松風庵主の本日の運勢。安藤総理流アレンジで・・・。
東京新聞中日新聞、本日の運勢より。


運勢(14日・友引)

「さすらい人は良き言葉に出合って開運すべし。智ある人は物事の調子を見誤らず発展あり。人の幸せを喜ぶ人は、自分自身も幸せな人生を過ごす。暁の光が大海に浮かぶ象、やがて大いなる吉事がある。
世の中の人と煙草の良し悪しは、煙となりて後にこそ知れる。死して悔いなきように。人に褒められ、持てはやされる者は短命なり。何事も待つ時は長く、待たざる時は短く感ずる。時の長短は心にあり。
百語喋る者は人の不信を招く、言語にご用心。動機が正しくないと交際は長続きはしない、気をつけるべし。名誉の念ありて学問すれば邪道となりやすい。改めて、大吉とならん。享楽して溺れぬように、飲食方面に注意すべし。助ける船が来ても何故か乗らぬ、疑心が災いす。
さすらい人は良き言葉に出合って開運すべし」


(松風庵主)


誰もがみな、さすらい人。良き一日になりますように・・・


追記・・・朝一番で・・・というか、きっと昨日からナースステーションに放置されてたんだろうな(ここのナースは郵便物は届けてくれない)、ゴルフの原稿料の請求書が届いていました。これを出せば原稿料が振り込まれる。ただこいつが取材費ではなく治療費に消えるのが悲しいが、こんな時に助かります。


追記2・・・断食破りの安藤総理の朝食・・・ロールパン2個、ゆで卵1個、湯でブロッコリー5片、トマトジュース小1本、ゆで卵用の塩少々。これだけです。許せないのは、これで合計408キロカロリーだと。人の断食破りを何だと心得ていやがる。ドラゴン斉藤なら3秒以内で完食の範囲。これを10分かけて喰うには10年の鍛錬を要した。
安藤総理の一日の摂取カロリーは1200キロカロリー。これは総理が自ら決めたので問題はない。しかし、このメニューで一日の3分の1の摂取は、バカバカしくなる。だったら一日一食の方が、なんぼかマシ。ヘタに口に入れると余計に腹が減る。これじゃまるで病人食じゃあねえか?安藤総理は怪我人ではあるが病人ではないのだ、アホンダラ。もっと滋養のあるものを用意せんかい!
にしても、点滴の多量投入で体重が落ちないのが、なお悔し(涙)。


追記3・・・今朝の「紙兎」見ましたか?
あ〜やばい・・・カレー蕎麦、無性に食したくなりました!