少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2040 母屋を乗っ取られた中日

「軒先を貸して、母屋を取られる」とはまさにこのことだろう。
この野郎に好き放題やらせていたら、生え抜き選手は皆無となり、ドームの人工芝にぺんぺん草が生えるという怪奇現象まで、マジに起こるぞ。「中日ドラゴンズ」改め「オレ流やりたい放題ズ」の誕生である。おめでとう、バカ落合信者クンども。


どうして、ナゴヤドームに人が来ないのか? どうして中日スポーツが売れないのか? 「勝てないから・・・」。否。正解は「中日の野球がつまらんから」である。
高木さん・・・? まあ高木さんも、つまらん野球を見せてくれたわい。
しかし、もっとつまらんかったのは、落合のいた暗黒の8年間よ。山井のパーフェクト・・・嗚呼、見たかったなあ・・・。あんな、すごいこと、もう、一生遭遇せんやろうな(悔、怒)。


落合の野球は人間の匂いがしない。だから、こういうことをへーキでできる。日産のカルロス・ゴーン気取りかい?
年棒に見合わぬ働きの選手の給料はカットすればいい。しかし、これは、なんだ? 白井オーナーに対する、ただの機嫌取りじゃないか・・・。
「ドラは金がかかりすぎる・・・」というのが白井オーナーの口癖らしいが、選手に金を稼がせるのが、フロントの仕事だろうが、くそったれ。
いかにしたら、観客を動員して、新聞が売れるのか、アタマを使え。 これまで観客やファンを激減させ、新聞を売れなくさせた張本人が「母屋」を奪ってやりたい放題か・・・マジ、もう嫌だ。早く星野さんに帰ってきてもらいたい。


ーーーーー以下ネット配信記事ーーーーーー


<中日>契約更改 削減額4億円超

毎日新聞 11月7日(木)22時40分配信


 中日のコストカットが急速に進んでいる。7日までの3日間で27選手と契約更改したが、減額制限(1億円超は40%、1億円以下は25%)を上回る減俸が相次ぎ、削減額は4億円を超えた。今季は12年ぶりにBクラスに沈み、1997年のナゴヤドーム移転後初めて観客が200万人を割った。チーム再建へ、落合博満ゼネラルマネジャー(GM)が大なたを振るっている。

【井端は退団】ドラ一筋プレー…ファン惜しむ声

 7日にサインした10人のうち、5人が減額制限いっぱいまで減らされた。昨年の盗塁王大島洋平外野手(27)が1875万円減の5625万円、ドラフト1位の新人、福谷浩司投手(22)は375万円減の1125万円。この他、3年連続で白星なしの朝倉健太投手(32)は制限を上回る60%減の1800万円で更改。年俸アップは100万円増の2300万円でサインした藤井淳志外野手(32)ら2人だけだった。

 球界では減俸分を出来高制でカバーする例も多いが、今年から「本俸でやるのが基本」(西山和夫球団代表)として原則廃止。下交渉段階で決裂し、退団した井端弘和内野手(38)の年俸分も含めれば、すでに削減効果は6億円を超える。

 落合GMは「早く(契約を)終えて来年を迎えた方が良い」として、例年なら12月に行う主力組から交渉の席に呼んだ。異例の早期契約更改で、11月中にも、全員と交渉を終えることを目指している。(金額は推定)【大谷津統一】


ーーーーーー以上ーーーーーー


安藤総理、本日11/08〜11/12まで、中国へ。PM2・5問題と、チベットウイグル族問題の特別首脳会談のため、緊急渡中。