読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2052 日本の完全中国化

まさか、このような最悪な法律がすんなりと通るとは努々(ゆめゆめ)にも思わなかった。これにて、少数派日記の著者は収監10年、娑婆とはおさらば。読者諸兄に真実をお伝えすることが、極めて困難となりました。日本国家の完全たる中国化。いや、それ以上。
ドイツの秘密警察をはじめ、イスラエルモサド、ロシアのKGB、当然、アメリカからはCIA、日本の公安警察が、これより、安藤総理の24時間監視、ならびに、社会派エロブログ「少数派日記」の検閲を開始いたします。


落合GMの変態下半身ドM癖暴露の番長・清原や、反原発のテレ朝・そもそも総研・玉川氏、真実を追求するマスコミ、個人、団体など社会派組織、自民党公明党の不利益になる個人、団体は次から次へと豚箱行き。社会保険庁が、あっちこっちに、国民年金でオッ建てた不良債権施設は、仮設の豚箱として再利用で復活。少数派日記の著者も「政治犯」として投獄され、ろくな治療も受けられずに、獄中死。これが安倍ちゃんの安藤総理潰し。「この国に、総理はひとりで十分」と言うのが、安倍ちゃんの大義名分。あきれる。


安藤総理の渡米、留守中に可決するとは、強行な。完全に時期を図っていたとしか思えない。これで日本は徳川時代に逆行。政府軍に就くか、チェ・ゲバラ反政府軍につくか、完全に二分化され、新橋の居酒屋にも民間スパイが放たれ、村八分制度が復活する。反安倍政権的な発言者は、即刻、企業から解雇され、一家は離散。本人は島流しの刑となる。マジですから・・・。


ーーーー以下、ネット配信記事ーーーーー

特定秘密保護法が成立=漏えい懲役10年―「知る権利」侵害の危惧

時事通信 12月6日(金)23時23分配信



 機密情報を漏えいした者への罰則を強化する特定秘密保護法が6日夜に再開された参院本会議で、自民、公明両党の賛成多数で可決、成立した。野党側がさらなる審議を求める中、与党は採決に踏み切った。これにより、防衛、外交、スパイ活動防止、テロ防止の4分野で、閣僚ら行政機関の長が「特定秘密」を指定し、漏えいした公務員、民間人は最高10年の懲役を科される。恣意(しい)的に秘密指定されかねず、チェック機能も不十分など「知る権利」侵害への危惧は残ったまま、公布から1年以内に施行される。
 採決では、賛成が130票、反対が82票。民主、共産、社民、生活の各党が反対した。衆院で修正合意したみんなの党日本維新の会は、「拙速は認められない」として退席したが、みんなの一部議員は党の方針に反して本会議に出席し、反対した。
 菅義偉官房長官は6日深夜、東京都内で記者団に、「わが国を取り巻く安全保障環境が厳しい中、国の安全、国民の安全・安心を確保できる大切な法律が成立した」と述べ、意義を強調した。
 秘密保護の体制強化は、4日発足した国家安全保障会議(日本版NSC)の実効性を高めるため、米国など外国政府との情報共有を進める狙い。政府は、有識者でつくる「情報保全諮問会議」の意見を踏まえ、秘密指定する際の統一基準を策定する。指定の有効期間は5年以内で、更新可能。武器や暗号など7項目を除き最長60年。「知る権利」に関しては、報道・取材の自由に十分配慮することを明記した。


ーーーーー以上ーーーーーー


さあ、これで安倍ちゃん政権は恐いモンなしだ。
原発放射能漏れ・・・そんなの関係ね〜。5000万円借用、そんなの関係ね〜。議員宿舎、愛人連れ込み買春三昧、そんなの関係ね〜。
「文句あるヤツた、オレんとこ来〜い。オレもあ〜るけど心配するな」とか言われて、集会へ行けば、待ってましたネズミ取りに嵌まった造反分子は一網打尽にされ、全員、鉄格子付きのグリーンピアへ。カンボジアポルポト政権を知らない御仁は調べた方がよい。お勧めは「キリングフィールド」というノンフィクション。ツタヤへゴー。


[:movie]