読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2092 松木兼金、ええじゃないか

好きな政治家ではある。
安藤総理とのFB(顔本)で繋がり、よく送られてくるので活動内容は報告を受けている。しかし、そんな高額な献金を受けていたとは知らなかった。
ただし、松木兼好氏の場合、猪瀬くんとは違い、鳩山バカ総理と同様、父親という親族からの献金なので、政治資金規正法に違反したとしても、一般的には「お小遣い」という感覚の1億円だろう。鳩山の月5000万円のお小遣いに比べたら可愛いもの。「正月だから、これでアメ玉でもしゃぶってこい」ってなものだろうか? バレなきゃ、それで済んだ話。人を殺めたわけではない。


「政治家」は「先生」と呼ばれ、民が平伏すするから無能でも「名誉職」と崇める向きもあり、余銭で「名誉」を買うのも持ち主の自由。何に使うかは、本人の勝手である。
政治に裏金はつきもの、ごく当たり前の世界なのに、下手を打つと猪瀬くんになる。シンタローくんの指南が中途半端だった。


清く正しく美しい政治家なんて存在しないし、仮にいたとしてもまずメジャーにはなることは永久にない。共産党の掲げる「理想と現実」は、まだまだ到達に千年単位のギャップがある。
人間は誰しも、新宿駅で段ボールやブルーシートにくるまって眠るより、帝国ホテルのスイートで、肉布団に囲まれて眠る方を選びたいもの。ただそれだけのこと。
ブルーシートのホームレス議員が「原発反対」と叫んでも、警察を呼ばれるか、週末の新宿中央公園の無料の炊き出しの列に並ぶかくらいで、いまどき、小銭すら恵んではもらえない。要は「ゼニ」が必要なんじゃ。


これが、教科書通りの政治資金規正法の「抜け道」。油断したんだろうな・・・もっと周到にやれば、絶対にバレないのに・・・
ーーーー以下、ネット配信記事ーーーーー


松木前議員に偽装献金…親族企業が6年で1億円

読売新聞 1月12日(日)3時6分配信


 元農水政務官松木謙公衆院議員(54)の親族企業が、松木氏の三つの政治団体に対し、実際には企業の資金で献金したのに、取引先経営者らの個人名義に偽装していたことが分かった。

 こうした名義借り献金は2011年までの6年間で約20人分、計約1億円に上る。他人名義の献金資金管理団体への企業献金を禁止した政治資金規正法に違反する可能性が高い。札幌国税局が昨年1月から親族企業や個人献金の「名義人」を一斉調査して判明した。

 名義借り献金は過去にも、鳩山元首相の偽装献金事件などで問題となったが、今回は名義人約20人のうち約10人が、松木氏の政治団体が発行した領収書を使って所得税計約2000万円の不正還付も受けていた。

 この親族企業は、松木氏の父親(84)が社長を務め、建設や教育関係の日刊紙を発行する北海道通信社(札幌市)グループ。松木氏も同社副社長に就いている。

 関係者によると、グループは役員らに支払った報酬の一部をバックさせ、松木氏の父親が現金や自分の口座などでプール。その後、プール金を取引先経営者らの名義に分散し、松木氏の資金管理団体「新世紀研究会」や、松木氏が11年まで代表を務めた「民主党北海道第12区総支部」など3団体に献金していた。

 名義人の取引先経営者の中には、領収書を受け取って初めて献金を知った人もいた。グループ元役員は取材に「社長から『個人の献金額に上限があって息子に金を出したくても出せない』と言われ、名義人を探すよう頼まれた」と証言した。

 政治資金規正法は、資金管理団体に対する個人献金の上限を年間150万円、政党支部は2000万円に制限。資金管理団体への企業献金を禁じ、政党支部の企業献金には資本金に応じた上限額を設けている。

 札幌国税局は、グループが規正法を免れるため約2億円をプールし、取引先経営者らの名義で献金していたと認定。約2億円を役員らの報酬に仮装して損金計上しており所得隠しにあたると指摘し、重加算税を含め約5000万円を追徴課税した。


ーーーーーー以上ーーーーー


しっかし、なんだよなあ・・・
安藤総理のところに送られてくる顔本(FB)にはさ、地元の個人経営のラーメン屋を支援したり、赤羽の北海道物産展で海産物の販売の手伝いしてるから顔出してね・・・なんて、気さくな庶民派を気取ってたのに、なんだよブルジョアだったんかい!松木くん。北海道・北見あたりでも「カオ」なのに、いささかガックシだな。浪人中でも悠々自適だな。だからさ、政治には「ゼニ」が必要なんだよね。
まあ、貧乏人が下手に成り上がって、ヤクザとか企業から「見返り目的」の献金を受け取ること考えたら、松木クンのようなブルジョア坊ちゃんの中で、多少の気骨を供えた人がやる方がいい。
安藤総理はそう思います。


PS・・・でもさ、よく考えたら6年間で1億円・・・って、逆に超少ないよね。ぜんぜん足りないじゃん。読売新聞の論調に騙されたわ。これでさ「松木ブラック議員」の印象ついたよね。「ああ、親から1億円もらったヤツね」とかね。恐いわ〜。
6年間で1億円。しかも親から。ぜんぜんOKです。そんなもん、田舎に行きゃあ親に1億円程度の家建ててもらってるヤツ、ごろごろおりまっせ。
松木先生、安藤総理はこれからも支援しますので顔本、どんどん送信してください。