少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2118 どうする都知事選2

田母神俊雄くんは、個人的には応援したいが「いい人」なのでトップには向いていない。トップは猛毒の持ち主でなければ他に食われてしまいます。その点では猪瀬くんも同じだと思う。さらにいえば、田母神くんには、慎太郎がついているので東京五輪には莫大過剰な血税を垂れ流すことが決定的なので、消去法でNG。


宇都宮健児くんの、理想理念は共産党らしく崇高なものだが、やはり理想であって現実的ではない。
マルクスやレーニン、あるいは国家の在り方や宇宙との接し方を説いた古代ギリシャの哲学者プラトンにおける経済的格差是正に目覚めた安藤総理は、子供のころ、秘かに講読していた「赤旗こども新聞」に所見を投稿し、それが掲載されてしまったことがある。たぶん、5年生か6年生のころだったと記憶していますが・・・。
そして、それが、後に自宅ビルの屋上に国旗掲揚塔までおったてる右翼の父親に発覚し、説教されることになる。「社会勉強のため、読むことは許可するが投稿はならん」と。何故ならば、親父は勤務していた会社で労働組合と闘う立場にあり、社内の赤狩りをしていたからだ。赤旗新聞にも実名で非難報道された。
70年代安保をはじめ、大方の学生は左に傾き、それを理想とするが、その現実がロシアであり中国であると知り、挫折する。キューバの革命家・チェ・ゲバラを知るのは、もっと後だ。そして青年たちは米国版プレイボーイのヘアヌードを見てド肝を抜かれ、共産主義から一転、自由主義、資本主義へと殺到する。女体の神秘が国家政治を変えるは世の常と悟る。安藤総理、高校一年の夏。


ーー本日の東京新聞中日、松風庵主の運勢より・・・仏滅ーーー


☆ゼニゲバ博満くん…身についた悪事は悪と思えず。小悪の時に用心。(またドラゴンズのユニホーム変えて、デザイン料、使用料、版権でボロ儲けかい)

☆直樹くん(半沢くんの方)…杵臼(しょきゅう)の交。主従の関係を離れ切磋琢磨した交わりは友情の最たるもの

☆要一くん…我が職務に忠実であって大吉祥を得る日(チミの職務はまず、家庭の生ゴミ出しから・・・。要一くんの日課です。安藤総理もだけど)

純チャン護チャン…坐忘の心境たれ。居ながらにして全てを忘れる時。大吉祥

☆俊(雄)ちゃん…高所より眺めよ。低所で乱れなければ大安楽(元航空自衛隊幕僚長らしくね)

☆健児くん…何事も夢中の影と知れば困難災害も苦とならず。安泰日

☆慎太郎…執着の強いほど苦悩多し。執着を離れ開運

☆オボ晴ちゃん…妙香が何処なく薫り来る、吉運。神の到来と知り迎えよ

☆自民くん…豊饒の余り物を他に与えて慈善と誇るは偽善。社会を害す。驕らずして吉

☆直樹くん(猪瀬くんの方)…自分の為に財宝を地に積まぬ様に。凶を招く故に

☆安藤総理…人生の黄金時代は老年と知り、青壮年時を大切に過ごす一日

☆安倍ちゃん…捨身と言うは易く行うは難し。調子良き言葉を吐かぬ様に 

(松風庵主)
ーーーーーーー以上ーーーーーーー


午前6時から一本目の点滴・・・まだ終わらず。長いな〜。久しぶりのロぺちゃん見ました。そっか・・・今日は節分かあ・・・? 節分で盛り上がる高校生、アキラ先輩は少数派。豆がなくて、ピスタチオ投げてました。


こちらは旧バージョンの節分。も一度、笑いたい方はどうぞ。
http://shirituebichu.info/archives/58944


つづく