読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2124 思想左翼と行動右翼2

象徴天皇制の是非はともかく、それ以前に、天皇を日本の象徴とするか否かと愚論を展開する者も存在する。
山本太郎に思想があるかないかは知らないが、幕末までなら確実に打ち首、切腹は許されない行為だろう。
安藤総理は、無所属の山本太郎の政治理念に意気を感じ、一票を投じたクチだが、太郎の憲法の理解度は、予想以上に低かった。最近、名前が出てこないがどうしたのだろう。


とまれ、現在のマスコミの親分たちは、学生時代に安保反対でゲバっていた思想左翼の団塊さんたちに牛耳られているのが現状。行動右翼ではなくペンで闘う知能左翼が主流。戦争反対、原発反対・・・って唱えれば民意は得られて、おまんまの食い上げにはならない。


逆に天皇万歳、靖国参拝、安保尊重、自衛隊国防軍に・・・なんて声高に叫べば、すぐに左翼憲兵隊が飛んでくる。あっという間に各種民間団体に取り囲まれることになる。思想的なことはさておいて、現実社会において、亡国の危機をひしひしと感じるきょうこのごろ。
長谷川三千子埼玉大学名誉教授の、故・野村秋介氏に対する追悼文及び、言い分は至極まっとうに思えるのだが、いったい、何が問題だというのだろうか?


ーーーーーー以下、ネット記事転載ーーーーーー


<NHK経営委員>新聞社拳銃自殺事件を礼賛

毎日新聞 2月5日(水)2時31分配信


 1993年に抗議先の朝日新聞社で拳銃自殺した右翼団体元幹部について、NHK経営委員の長谷川三千子埼玉大学名誉教授(67)が昨年10月、この自殺を礼賛する追悼文を発表していたことが分かった。メディアへの暴力による圧力には全く触れず、刑事事件の当事者を擁護したと読める内容で、NHK経営委員の資質を問う声が出ている。


自殺した元幹部は新右翼「大悲会」の野村秋介・元会長(当時58歳)。警視庁公安部などが銃刀法違反容疑で同氏の自宅などを家宅捜索した。長谷川氏は元幹部の没後20年を機に発行された追悼文集に「人間が自らの命をもつて神と対話することができるなどといふことを露ほども信じてゐない連中の目の前で、野村秋介は神にその死をささげたのである」と礼賛。野村氏の行為によって「わが国の今上陛下は(『人間宣言』が何と言はうと、日本国憲法が何と言はうと)ふたたび現御神(あきつみかみ)となられたのである」と憲法が定める象徴天皇制を否定するような記載をしていた。

 また、朝日新聞について「彼らほど、人の死を受け取る資格に欠けた人々はゐない」と不信感をつづっている。

 追悼文は昨年10月18日に東京都内の会合で参列者に配布された。政府は同25日、衆参両院に長谷川氏ら4人をNHK経営委員会委員とする同意人事案を提示、11月8日に正式同意されている。

 長谷川氏は毎日新聞の取材に「非常勤のNHK経営委員には自らの思想信条を表現する自由が認められている。自らの仕事として精神思想史の研究を行ったり、民族主義者の追悼文を書いたりすることは、経営委員としての資格とはまったく無関係のこと。経営委員には番組作りに関与する権限はなく、追悼文を書いたからといって意図的な特集番組を放送することはありえない。経営委員は常にルールに従って行動している」としている。

 NHK経営委員の政治的な発言を禁じる規則はない。しかし放送法31条は、同委員の資格として「公共の福祉に関し公正な判断をすることができ、広い経験と知識を有する者」と定めており、議論になりそうだ。


 ◇資質疑う声も


 経営委員会は事業計画や毎年の予算の議決、会長の任命・罷免などを行うNHKの最高意思決定機関。委員12人(任期3年)は衆参両院の同意を得て首相が任命する。委員には政党役員や同一政党に所属する者が5人以上いてはならない。

 長谷川氏は昨年11月、作家の百田尚樹氏らとともに選ばれ「安倍カラー人事」と言われた。百田氏は3日、東京都知事選で田母神俊雄候補(無所属)の応援演説に立ち、南京大虐殺はなかったなどと歴史認識に関する持論を展開、波紋を広げた。

 放送法では個別番組の編集などに関与することはできないとされている。ただし経営委員会事務局によると、個人の思想・信条に基づいた行動は妨げられないとしている。

 服部孝章・立教大教授(メディア法)は「長谷川氏は言論機関に拳銃を持ち込み、発射したというテロ行為とみなされる刑事事件を何ら批判せず、むしろ礼賛している。このような人物をNHK経営委員に任命した責任を政府は問われなければならないし、国会は同意した責任を問われなければならない」と指摘した。

 作家の柳田邦男さんは「品格と見識を疑われるような言説だ。経営委員は、不偏不党が求められるNHKのあり方を左右する立場だ。その職に、こうした人物が選ばれることに時代の危機を感じる」と語った。


 ◇長谷川三千子(はせがわ・みちこ)

 1946年生まれ。埼玉大名誉教授、哲学者。「2012年安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」の代表幹事。少子化対策として、女性が家庭で育児に専念し、男性が外で働くのが合理的という趣旨のコラムを1月に発表、議論になった。


 ◇野村秋介氏拳銃自殺事件

 右翼団体「大悲会」の野村秋介元会長が、自身の政治団体「風の会」を週刊朝日のイラストで「虱(しらみ)の党」とやゆされたとして抗議。1993年10月20日、朝日新聞東京本社15階応接室で拳銃自殺を図り、死亡した。以後、同年の文芸春秋社長宅発砲事件など言論テロが続いた。


ーーーーーーー以上ーーーーーーー


現代のマスコミ、特にテレビのコメンテータは、少しでも右翼的な発言をすると、あっという間に抗議電話が殺到し、テレビコメンテータ生命は一瞬にして終やされる。ゆえにエセ道徳家の天下。小学校の道徳の授業的なことのみコメントしておけば職を失うことはない。NHKの籾井新会長みたいに本音を漏らしたとたんにマスコミ御用となる。この国に言論の自由はあるが、道徳的糾弾も覚悟でなければ、おちおち社会構造や歴史的事実も述べられない。さらに国語力の不足とみせかけた、意図的、策略的な湾曲報道も想定しなければならない。言わぬが花、沈黙は金、国民総黙秘の時代がやってくる。中国の言論弾圧と内容はぜんぜん違うが、結果として同じような現象になりつつある。