読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2201 3・11前夜

本日で入院40日目。夏休みなら、最終日。明日から登校です。
旅行に行くこともなく、終日、一畳程度の床上で暮らす身は、さしずめ自由なイカダ。魚を釣らなくとも、おさんどんには預かれるし、飲料、通信の心配もいらない。小便は脇の小瓶に貯めれば自動的にカタしてくれる。
ボタンひとつで、日替わり美女が飛んでくるし、パジャマは毎日交換してる。死臭、老人臭、消毒臭、糞臭、嘔吐臭さえ慣れれば、居心地も悪くない。イビキは、まあお互い様だから仕方ない。
ただ、昨夜から、深夜の「狂人」の声が響くようになった。「精神障害者」。明日は我が身だから仕方ない。むしろ気の毒。本人はさぞ、お辛いだろう。


明日は3・11ですか。
近づくにつれ、デジカメ故障、パソコン不調、耳鳴り、倦怠、体調絶不調。これも仕方ありません。ここ2日、ベッドから起きれず、南無。
それでも、東北の人々の憂いに比べたら、朝露の一滴にも満たぬ重さ。


東京新聞 松風庵主の本日の運勢より・・・・・


運勢(10日・大安)


人生に達観がなければ心は徒に迷中また迷なり。知識や学問が多すぎる人は戸惑い易いものである。さりとて、学識なく体験のみ誇れば疎まれる。学問の大切さを知る時。
怒りが込み上げれば冷静に。危険な状態になれば義を忘れずに。所有が少ないものは物を得た時に楽しみが生ずる。貧を喜べ。
人に惜しまれる人間となってこの世に尽くす。信頼ありて大吉。信あれば徳あり。神は正直者の頭に宿る。信仰して大吉を得る。
する事がないほどの苦しみはないと悟って働けば開運あり。生命超越の心あれば悪戯に迷う念消散せん

(松風庵主)


ーーーーーーーーーー


「生命超越の心」・・・あと45年は生きる。すなわち99歳まで。40年は頑張って、94歳から、残りの5年を余生として、頑張った褒美に遊びまくってやる・・・というのが、安藤総理の今後の人生設計。


旅ゆけば 風に吹かれて 風を見て (平成芭蕉
風吹かば 風に押されて 旅に出て (平成芭蕉


旅とはすなわち風 地図も時刻表もない空気の移動 
心の旅は味覚ではなく眼(まなこ)にあり
見て聴いて知って、伝える
今宵も 宇宙を旅する