少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2351 安藤総理(入所61日目)2


で、出てきたオッサン、やたら顔がデカくてぎょろ目。
大魔神か大仏のできそこないというのが第一印象。
「はい、いらっしゃい、ど〜します」のしゃべり方で、これは脳梗塞系のリハビリ・・・と判断。おいおい、まさか、そのための「キヤンペーン1000円」かよ? いや、マジで背中が寒くなりました。


「いや〜とにかく、ほんのちょっとだけ。ハサミあてる程度。1センチでいいから」と1000円は見舞金、もうほとんどボランティアだと覚悟を決めました。
で、鏡の前には「悩み事相談。ひとりで悩まないで、みんなで相談して解決しましょう」などと貼ってある。
聞くと爺さん「床屋組合から達しがきてね、ほら、近頃、自殺とか多いでしょ。床屋で悩みを聞いてもらって、自殺するの止めた・・・なんて人もいるらしいですよ。だからね、うちも、みなさんの悩みを聞くの」と爺さん。


「いやいや、人の悩みより、アンタの悩みの方が・・・」と言いかけて「じゃあ、爺さんも、客の悩み聞いて、自殺を防止したんだ?」と尋ねると「いや、うちはまだだけどね。ところで、おたくはなんか悩みある?」なんて聞かれても「リハビリ爺さん」には相談よりも何よりも「切り過ぎないで」と願うしかない。


「いや、実はね、アタシは僧侶もやってるんだよ」と爺さん。
「なに、僧侶? 坊さんかい?」
「そう。独学だけどね。ちゃんと自分で学校も行ったりしてね」
「ん? 独学なのに、学校へ行く? なんだい、駒澤大学仏教科かい?」
そこで、婆さん「違う違う、通信通信。今はそんなのがあるのよ」と。
「おい、ほれ、あれ見せてやれ」と爺さんが指図。
「はいはい」と言いながら、婆さんアレを持ってくる。
「ほら、これが証拠写真」と爺さん、上半身裸で座禅を組み写真を総理に見せる。しかも自宅の居間での座禅。ちゃぶ台とかテレビとかも映っているし。


「だから般若心経も暗記した」と爺さん。だからってアンタ、それだけで僧侶を名乗るのかい? 般若心経なら、オイラの老母も暗記して、毎朝唱えているけど、こりゃもう、一億総佐村河内化とみて間違いない。


で、爺さんがハサミを入れるたびに、こっちはもう心臓がバクバクだ。こんなボランティアは滅多にないぞ。で爺さん
「昔は毎日、酒飲んでたけど、僧侶になってから5年間、酒は一滴も呑んどらん」という自慢話を唐突に。
「おいらも、ここ60日ばかり一滴も呑んどらんよ」と返すと
「ほ〜」と一言、爺さん。
「ただ、月に一度だけは、渋谷のクラブに顔を出す」とジジイ。
「ほ〜」と一言、安藤総理。
「ワシもクラブは嫌いではない。そしてクラブへ行ったら必ず呑む」と安藤総理。
すると爺さん「ワシも・・・」
おい、5年間の禁酒偽坊主・・・。ただのアル中かい。


最終的には「おい、ママ、あと整えといて」とハサミは爺さんから婆さんにバトンタッチ。完全たるリハビリのボランティア。
で、最後に、「この貼り紙、オモローだから写真に撮らせて」と言ったら
大仏のできそこないが「駄目だ」と一言。
な〜んだ「人生の悩み相談」が聴いてあきれるぜ・・・。
まあ、婆さんが、整えてくれたのでザン切り頭は免れました。


ここで、速報・・・・。
たった今、主治医から、ベッドお空きがないんで・・・と、電撃退院を勧められました。本当は明後日の希望でしたが、仕方ない。多少、予定が狂いましたが、いまから、ばたばたの準備です。