少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2356 小田原やまいち蒲鉾18日に放映

「噂をすれば影」の伝で「ブログを書けば電話」という。
ちょうど、さきほど、山一蒲鉾さんのことを書いていたら、電話が鳴りました。
「もしも〜し、安ちゃん、ど〜してる?。いや〜、きのうブログ見たよ、俺の写真がでっかく出ててさあ〜。あれ、安ちゃんが書いたの?」


ちなみに「少数派日記」に新垣ゴーストはおりません。すべて安藤総理が直筆(パソコンの場合は何と言うのかな? 直打ち? ちなみににピアノは打楽器だから弾くではなく、叩くという説もありますが・・・)です。


で、再放送の件ですが、今月18日の金曜日午前8時15分のNHK「あさいち」です。「やまいち」が「あさいち」に出る・・・と覚えてください。
「本当はさ、こういうのはさ、再放送しないみたいなんだけど、ディレクターが頑張って上と交渉したみたいなんだよね。小田原のおでんサミットの取材だったんだけどさあ、それももう終わっちゃったしな〜」


話は少し離れますが、安酒場の赤ちょうちん、たいがい「焼き鳥」か「おでん」ですが、安藤総理は圧倒的な「おでん派」。今はコンビニのおでんがグレード高くて、総理のランク付けは1位ローソン、2位7-11、3位デイリーヤマザキの順。具材では1位・ちくわぶ、2位・がんもどき、3位・しらたき、4位・でゃ〜こん(名古屋弁=大根)、5位タイ・玉子・厚揚げ・こんにゃくです。
ただし、1位のちくわぶは、歯ごたえが命。ギザギザの角が、丸くなったやつはNG。


で、話は元に戻りリポーターの件。
「で、リポーターは篠山記信の息子なんですよね?」
「そうそう、感じのいい子だったよ。腰が低くてねえ」
「篠山記信の息子ということは、南沙織の息子でもある、ということですよね?」
「そうそう、3人兄弟の真ん中だってさ」
「じゃあ、お母さんは南沙織ですよね!」
「うん、だからさ、お母さん元気? なんて言ったら、『はい、元気です』なんて言ってたよ。だけどさ、今は一緒に住んでないんだって」
「息子より、お母さんに会いたいですね」
「・・・・」





南沙織がお母さん・・・かあ・・・。
いっしょに、風呂とか入ったんだろうなあ・・・。
息子本人は気付いていないかも知れないけど、それって、本当に凄いことなんだよ。百恵ちゃんの息子とかもだけど。


世の中に何人の殿方が、沙織や百恵と風呂入ったり、寝たりできると思っているのかわかっちょるのかね?
ましてや、3人兄弟。沙織の腹から出てきた人間は、地球上で3人しか居ないうちのひとり。つまり60億分の3。天才写真家・篠山記信でも為し得なかった男のロマンと夢。入れることは出来ても、出てきたヤツは、たったの3人。夢のまた夢。誰もが憧れた、あの南沙織のミニスカートの先のまた先。
南沙織本人も見たことがない、胎内を見た、3人の人間の中のひとり、歴史の目撃者。凄すぎる。



拓郎さんが、唄つくちゃうんだもんな。

やまいちさん掲載の週刊プレーボーイの記事



♪〜わたしはいま〜生きているうぅ↑
もちろんLPもCDも持ってますでえ〜


安藤総理、真理ちゃん派、淳子派でしたが、シンシアも素敵だと思っていました。ただ当時は、2人のオンナを支えるだけで精一杯でした。今なら・・・。
シンシアの「雪どけの、せせらぎがだ〜い好き〜 その優しさ・・・」といううたい出しの唄、タイトルが出てきません。春にふさわしい唄なので、ぜひアップさせたいのですが・・・。