読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2413 from China1


去る6月26日木曜日、午前9時30分発日本国空855便A55席で広州へ久しぶりのフライト。6万9500円往復。この日以外は、すべて10万円超えのチケットのため、この日を選択しました。
サラリーマンではないので、経費はすべて自腹。10年ほど前には、NW航空が、29800円の便をもっていて、もっぱら、それ専門でしたが、一昨年までは、なんとか5万円代がありましたが、中国南方航空でさえ、9万代、10万代、が当たり前の時代になりました。


さて「84歳、食欲紀行」の連載をはじめた途端、継続できなくなったことをお詫びいたします。
ネットコンテンツの事情が変わり、サポーターの熊ちゃんが、いろいろ試した結果、FB→「少数派日記」への変換は容易ではなく、逆に「少数派日記」→FBの変換は容易ということが判明したため、書く順序を入れ替える必要があるとのことで、これは、当方サイドの裏事情です。


そんなわけで、今回も、こちらの都合ではなく、飛行機のチケット代金に合わせてのバタバタ渡中でした。
それでも27日に香港で重要な商談があり、それに間に合うことができたので、とりあええずは、ラッキーでした。


渡中2日目の27日はフェリーで日帰り香港。商談3件。終日香港、相変わらずの人の多さに酸欠気味。


3日目は、広州郊外のゴルフ場で昼食をしながら人脈交流。具体的な商談はなし。タクシーでホテルに戻り、その足で、飲み屋のオネーさんたちが企画したバーベキューパーチィーへ、半ば強制的拉致。
夕方からと聞かされていたので「行けたら行くよ」と曖昧に返事をしたのがいけなかった。
「アナタのために用意したのよ」とはよく言うよ。こちとら、ゴルフ場の中華ランチが、まったく消化されておらず「食べて、食べて」と勧められてても、無理。ソーセージ一本と海老2尾、缶ビール一本とワインを少々いただく。デザートのナマのライチは美味しかった。


ホテルまで送ってもらってシャワーを浴びると「きょう、来てくれるでしょ?
あなたのために、カニも用意して待ってるよ、食べるでしょ」とお店のママ。
どんだけVIPなのか、エサで釣るのか、よくわかりませんが「夜も、お仕事だから行けないよ〜」とここはスルー。彼女たちが狙うのは、私ではなく、私の懐、そのあたりは心得ていまんがな!
「俺がそんなにモテるわきゃないよ! わかっちゃいるけどやめられない」と植木等風にサラっとね。


おかげで、少しゆったりホテルで休憩。松本人志の「すべらない話」を見る。
最後まで見れなかったので優勝者が誰だかわかりませんが、私的には、宮川大助の「佐渡島のちくわの犬」と、バカリズムの「いるはずのないウサギ」の話が傑作でした。


深夜、10時、日本からみえている多忙な社長と、善人商店で商談。
善人商店内で、営業妨害しながら缶ビールで、営業。
それにしても、耐えることなく、善人商店に客が押し寄せる。
「ワールドカップが始まってから、この時間になると、みんなビールとつまみを買いにくるんですよ。なんせ、こんな時間にやってる店はうちしかありませんから」と老板(ラオバン)。
その通り、冷蔵庫の中の冷えたビールは、残り数本。
白タクで帰宿して、午前1時就寝。


本日6/29日曜日、午後3時の商談がキャンセルとなり、終日、ホテルでグダグダ。テレビで横浜DeNAカープ広島戦を観戦。途中で眠くなる。
善人商店で買った洗剤で、ひとり侘しく(いつものことですが)バスルームで汗かいた衣類の洗濯(もちろん手洗い)。
軒先で、しなびた落花生でもパリパリかじりながら、缶ビールできた、ホテル横のリーさんの店も閉店となり、行き場を失う小生。


時刻は現地時間午後5時。とりあえずシャワーでも浴びて、ビールでも飲みに行くとしましょうか。