少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2455 韓国から来客1


安藤総理の行動派日記を遡ると、入院が09/12、左足の手術が09/17。09/13〜09/16までの4日間は空白で、日記も書けないほど、御憔悴されてたようです。


09/17の手術当日には、夜、会社帰りのカープ斎藤さんが、心配して見舞いに駆け付けてくださいました。手術自体は局所麻酔で、手術室で美しいナースさんや、担当のDr・Kらと歓談しながら、楽しく過ごさせていただきました。
ところが、やはり、麻酔が合わないのでしょうか、夜になるにつけ、激しい嘔吐に見舞われ、今季5度目の人間洗濯機状態。船酔い、車酔い、食中毒が三位一体のセットできた感じです。


次回からは、もう麻酔なしで、手術するしかありませんね。あの苦しさは尋常ではありません。トシ倉森さん、カープ斎藤さんら、あの苦しむ安藤総理の姿を目の当たりにされた方は、腰を抜かし涙しました。


さて、行動派日記を続けます。
手術の翌日には、韓国からビジネスパートナーのY氏ら2名が来日。
もう一か月も前から、メールとラインでやりとりしていたので、かなりスケジュールを煮詰めていたので、ミーティングはスムーズに行きました。


ミーティング・・・と言っても、手術後、まだ2日目です。しかも足裏の縫合ですから、当然、歩行禁止。しかし、Dr・Kに頼み込み「死活問題、仕事をしなければ、ここの入院費もままならない」とか言い、なんとか外泊許可をゲット。「絶対に足をつかない」ことを条件に外出です。まあ、普通の病院なら、絶対に不可能な話ですが、Dr・Kは、まったくの偶然ですが、以前の軍人病院のDr・Mの浜松北高校の後輩でもあり、話の分かる好漢なので、合意してくれました。


で、お薬セットと、緊急用の止血セットを用意していただき、09/19に外泊。出血したら、ただちに帰院の念を押され、出発です。(つづく)