読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2457 これだよクソ落合


 例えば昨年の井端の有り得ない大減俸、立浪の背番号永久欠番阻止、福留、川上のメジャー流失、新井弟の放出、井上、堂上兄弟の降格、堂上寮長のクビ。パーフェクトピッチングの山井の降板・・・その他多数、数多の暴挙。
 
 
 我々プロ野球ファンは、単に贔屓球団の勝敗だけでなく、選手個人の人生を見て、応援している。チームの勝敗は大前提ではあるけれど、それを超越した、選手個々の人生ドラマに一喜一憂するのであり、勝利至上というのとはまた違う。
 強さと弱さが混在した、人間同士の闘いに惹かれるのである。
今季のドラゴンズの低迷の一因は、大幅減俸によるモチベーションの低さにもある。その指令を出したのは紛れもなく落合。
 GMという肩書で年棒1億円はないだろ(もしかしたらそれ以上との噂もある)。選手の年俸削り、クビにした金で、かつて自分が監督時代に作った巨億の赤字の埋め合わせの一部にするつもりか、そして、他球団のお友達をコーチとしてスタッフに迎えるための資金作りか知らないけど、やりたい放題。
 ドラフト指名の新入団選手と同じ数だけ、トコロテン式に退団になるのは、他球団も同じでわかるけど、人件費削減のためなら、まず自分が大幅減俸しろよ落合。こんな暴挙を許す球団にも大罪あり。よって、来季も当然、ドラゴンズを応援せず。
 正義派の西山和夫球団代表も、白井オーナーには逆らえず、まあ、これは仕方ないけど、ファンあってのプロ野球、ファンあってのドラゴンズ。
 日産やソニーやパナのリストラとはわけが違う。同じ論議で語る輩がいるとしたら、完全合理主義者で、優勝チームだけを応援すればよい。グランドの外にドラマがあるから、グランドの中のドラマが脚光を浴び、かつ挫折を味わい、それをファンが共有する、それがプロ野球
 ロボットが野球をしてるわけではない。つまらん野球、それが落合の野球。
 

 金銭だけの問題なら、読売に行ってナベツネの犬でもになれよ、落合。



ーーーーーー以下ネット記事転載ーーーーーー


中日に厳冬再び「15人ぐらいクビ」昨オフは計8億円減
スポニチアネックス 9月29日(月)5時36分配信

今季限りで引退することをすでに表明している中日・三瀬


 今オフも“オレ流”の大なたが振るわれる。2年連続のBクラスが確定した中日の今年の退団選手が、約15人にものぼることが28日、分かった。すでに三瀬、小林、鈴木義の3投手が引退を表明し、助っ人のゴメスもシーズン中に帰国。さらに10月1日からの戦力外通告期間には10人以上が通告を受ける見込みだ。


昨オフは、球団初のゼネラルマネジャーに就任した落合GMが、契約更改で減額制限ギリギリかそれ以上の提示を連発。選手年俸の合計を約8億円もコストカットする「厳冬更改」となったが、今オフは「リストラの嵐」が吹き荒れそうだ。球団関係者は「今年も相当厳しい。15人ぐらいはクビになるんじゃないか」と明かした。


「落合―谷繁」の新体制でV奪回を目指した今季だが、1度も優勝争いに絡めずCS進出も逃した。監督時代に4度のリーグVに導いたオレ流GMが心を鬼にし、血の入れ替えを図る。


ーーーーー以上ーーーー


ひとこと、ふざけるなクソ落合。
そしてすべてが落合のシナリオ通り。谷繁引退と同時に、落合が現場復帰。
高木さんも酷かったけど、落合に潰された投手陣では誰が監督やっても無理。落合に暗黒支配され、来年で12年目を迎えるドラゴンズ。元凶をなんとかしなければね・・・。