少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2492 来る年2015

前日に引き続き、安藤総理の行動派日記です。特にオチはありません。お忙しい方はスルーしてください。


私は少数派なので、人ごみが大の苦手です。よって初詣、祭り、花火、行楽地、人気ラーメン店の類には一切近づきません。例外は野球とラグビーのスポーツ観戦ですかね。そんなわけで初詣というのには、人生で出かけたことがありません。


1月1日(木曜日)、6時起床。私ひとりの我が家は実に快適だ〜。びSNくびくせず、キッチンを使えるぞ〜。テレビも観れるぞ〜。風呂にも浸かれるぞ〜。チャンネルサーフィンして各局がアホみたいに中継している初日の出を観るが、何の感動もなし。社会人のニューイヤー駅伝も、なんかつまんない。見たい番組が全くない。SNSがなくても、テレビの需要が無くなるのは、予想より早く来るのだろう。断末魔が聞こえるぜ。
さて、コンビニで調達した黒豆とか、山一さんにいただいた蒲鉾とかで、見た目のなんちゃってお節。雑煮だけはちゃんと作り、仏壇にも。屠蘇代わりに、にごり酒を、猪口に一杯だけいだだく。年賀状を拝見し、新しく作った「安藤貴樹」の表札2万円を玄関につける。新築以来、18年間、プラスチックの表札でしたから、この檜の表札で運を呼び込む算段。四柱推命の佐藤六龍先生88歳に相談してあつらえた。師曰く「そんなもんで運を呼び込めるなら誰も苦労はしない、やめとけ。だけど俺は6個つくったけどな」。面白いおじいさんだ。


1月2日。さあ今日は箱根駅伝、超気合が入ります。明治大学往路2位。これはまさかまさかの66年ぶりの優勝か!ガンバレ明治とテレビの前で気合を入れる。
正午からはラグビー大学選手権準決勝、筑波大vs東海大帝京大vs慶応大をテレビ観戦。充実した一日。慶応の12番、川原健太郎選手は、なんと、スーダンで医療ボランティアを続ける医師の川原尚行先生(ロシナンテス代表)の息子さんだったとフェイスブックで後から知り、激励のメッセージを送る。


1月3日(土曜日)。いよいよショッカー軍団が帰ってくる、朝から緊張。幸せの時間はいつも束の間だ。とにかく鬼の居ぬ間に洗濯せねば。箱根駅伝を観ながら、洗濯&トイレ&風呂&キッチンを掃除。湯船にも浸かりたいので午前中に一度浸かり温泉気分を味わう。我が家の湯船に浸かったのはおよそ一年ぶり。昨年は入院生活も長く、足の傷もあり、湯船そのものに浸かる機会もなかったけど、ハア〜疲れがとれる〜日本に産まれて良かった〜・・・などと油断していたら、明治大学、東洋、駒澤、早稲田にも抜かれて5位に転落。でも、最後は早稲田をかわし4位でゴール。敢闘ととるべきか惜敗ととるべきか微妙だが、私を受験で2度も落とした早稲田には勝ったのでアッパレ! 校友会から競技後の祝勝会のお誘いが来ていましたが、まだ絶対安静の身なので自宅待機。


1月4日。明日、開院予定のDr・Mのクリニックを尋ねる。看護師の奥さんと娘さんの3人で掃除をしてた。本当に開院する気なんだ。明日、開院なのに看板も用意されていないようだが、尋ねると「明日の午前中につけに来るそうです」とまるで他人事。「予備校時代のメンバーで花か植物を開院祝いに贈りたいのだが、どちらが好み?」と尋ねるも「そういうものは一切置きたくないので、マジに要りません」と断られる。まあ、そこまでハッキリ言われればそれでいいし、サプライズで贈らなくてよかった。
しかも「のんびりとやりたいので、宣伝とか、紹介とか要りませんので、あまり拡げないでくださいね」と不気味な依頼。こういうのは生まれて初めてなのでむしろ戸惑う。
せっかく駅まで来たので、以前から気になっていたロッテリアのチャレンジバーガー5段重ね500円にチャレンジしたが、リピートする気にはなれませんでした。


1月5日(月)。世の中は仕事始め、私は、未だに終わらぬロングバケーションの最中。ひやかしでDr・Mのクリニックを覗くと、本当に開院している。看板もちゃんとついた。でも「明日は定休日でお休みです」と、おい!
本当にのんびりだな!
同じビルの地下にある伊勢丹クイーンズでフランスパンと栗入りのコワめしを所望し、電気代、ガス代、サラ金の返済を済ます。締めて3万、掛かりつけのクリニックの支払いが6000円、血の毛が引く。


1月6日。世田谷区の保健給付金係りから、昨年9月分の過払い金4万円が届く。いつもこんな感じで、出た分が入ってくる。神様が見ていてくれるんだなあ・・・。
出版社から原稿の催促。忘れていたわけではないけど、取材不足で机に向かえず、逃げてたツケがやって来た。なんとか体裁は整えたけど、読む人が読めば、取材不足がすぐにバレる。こんなんで原稿料いただいてすみません。これも神様からの贈り物。