少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2521 鬼畜落合、頑張れ藤井淳志

【中日】藤井、怒りのFA権行使へ 落合GMから慰留なし「寂しい、悲しい」


今年の日本シリーズ、応援したヤクルトが携帯屋に惨敗。まあ、力の差が歴然だから仕方ない。運不運ではなく実力の差。
毎年、このシーズンになると、どうしても山井大介の幻の日本シリーズパーフェクトピッチングを思い出します。今も、本当に悔しい思いでいっぱいです。
福留、川上の渡米、井上の降格、川相二軍監督のクビ、井端、堂上兄のクビ、どんなに数えてもキリがありません、落合による鬼畜行為。
藤井選手、ガッツあふれるプレーヤーで、地元愛知豊橋の出身。筑波大出のインテリで将来の球団幹部候補生。中日ドラゴンズ、ドラフト指名選手が、今一番行きたくない球団という、最低の汚名をいただいているのは誰のせい? 子供たちへのサイン禁止とか、WBCボイコットとか、まったくふざけてる。球団を完全に私物化した鬼畜が独裁する球団を、まだ応援するヤツがいるから、その鬼畜度は日々増殖する。
藤井選手、ぜひ他球団へ行って、大活躍していただきたい。絶対に応援します。そして、10年間、ドラゴンズで闘ってくれてありがとう。


ーーー以下、スポーツ報知 10月30日(金)7時4分配信。ーーーー


 中日・藤井淳志外野手(34)が国内フリーエージェント(FA)権を行使して移籍することが29日、決定的になった。ナゴヤ球場での調整後に「10年間過ごした球団から何も言われていない。寂しい、悲しい気持ちがある」と球団から慰留や条件提示が一切ないことを明かした上で「家族と相談して近日中に結論を出します」と決別を示唆した。

 藤井は今年7月に国内FA権を取得したが、交渉の窓口となる落合博満GM(61)からの働きかけは一切なかった。こうした対応に不信感を募らせ、態度を硬化させており「あした(30日)以降に話し合いがあったとしても(球団に)誠意(がある)とは思えない」と語気を強めた。

 今季は自身最多の118試合に出場し打率2割9分5厘、6本塁打、45打点。得点圏打率4割5厘と勝負強さも発揮した。年俸3000万円で、獲得する球団にとっては補償が必要ないCランク。宣言した場合、複数球団による争奪戦が必至だ。

 
◆藤井 淳志(ふじい・あつし)1981年5月20日、愛知県生まれ。34歳。豊橋東高、筑波大、NTT西日本を経て2005年の大学・社会人ドラフト3巡目で中日入団。10年間の通算成績は721試合に出場して打率2割7分2厘、32本塁打、170打点。182センチ、81キロ。右投両打。

ーーーーー以上ーーーーー


落合、お前、早く辞めてくれ。