少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2536 金の食事と金の肌1

FB未投稿記事

メソポタミアの時代から、あるいはそれ以前から、一部の人類が追い求めてきたものが「黄金」。そして、現在も全人類が求めているものが「食」。スマホやドラGOがこの先1000年、続くわけはないが、金と食は地球に人類が存在する限り、消滅することはない。

昨、17/01/25  16:00 渋谷マークシティのすぐ横、「金の糸美容術    ベル美容外科クリニック」渡邊伸一社長に会う。

紹介してくれたのは男性ダイエット、ヘルスマネジメントを手がけるSHADOWPLANAY社長、カリスマモデル・マエノリさんばりの美貌&慶大出の才女社長。本日、大安吉日気分。

金の食事から先に書く。

過日、羽鳥慎一のモーニングショーで長寿細胞なる特集。人体にある長寿細胞を活性させる1日のカロリー摂取量は50代女性で1280㌔カロリー、同じく男性は1600㌔カロリー。腹八分目ならぬ腹七分目ですと、ふ~ん、猿の実験データですと、は~ん。

軍人病院で過ごした4ヶ月、寝たきりでも腹は減る。当時1400㌔カロリーの病院食。食べれない状況下にいなければ、不可能な数字。医者、学者は机上の研究データを自慢気にこれでもか、とやたら数字を羅列するけど、あんたらホントにダイジョウブかと言ってやりたい。

実験お猿さんの気持ちはわからんけど、人間様には情緒、emotionというものがある。感情だよ感情。

ギンギン冷え冷えビールを、嫌な上司の愚痴聞き、顔色うかがいながら、高級店で飲むがいいか、生温ビールを安居酒屋で大好きなあの娘と飲むか? よほどのMでない限り、生温いビールを選ぶだろ。仮に同じ摂取量をとった場合、ど~なるか、人間様の研究データを持って、おととい来て欲しい。

私の場合、中国で患者さんを預かる場合、患者さんの容態で、自身の血液データが変動することを病院で確かめました。特に血糖値、血圧は的面。楽しい食事、楽しいお酒は多少度を超えても、血糖値はほとんど上がらなかった。しかし、全く同じメニューをとった場合でも、患者さんの容態が悪化すると、血圧、血糖値が悪化する。つまり摂取カロリーより、感情で数値は左右するという結論。

腹八分目、七分目は100歩譲ろう。されど、日に3度、カロリー計算しながら飲食するのは不可能、かつ多大なストレスで逆に血糖値上がるは必然。アレ食べたい、じゃあ、こっちガマン=ストレス=ガン。そういうデータはないんですか先生?という構図。

ここまで、美貌社長と意見一致。

されど、では、どうやって、日々、食事や飲酒を楽しくするか?  もちろん限られた経済の中で。楽しくなければ、ダイエットは続かない。苦しいダイエットはストレス。ストレスは万病の源。これを解決してくれるのが美貌社長のお仕事。詳しくはウエッブで・・・って、最近聞かないね。