読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2539 幹細胞臍帯血移植

幹細胞臍帯血移植 不良芸能人 不条理社会論 医療全般 臓器移植

 

幹細胞臍帯血移植。聞いたことありますか?
簡単に説明します。赤ちゃんとお母さんを繋ぐへその緒を臍帯と言い、その中にある血液から奇跡の細胞を抽出培養して、免疫細胞を増殖させる最新の医療です。
人類の疾病の多くは自己免疫の異常により起こるものです。代表的なのは癌。癌細胞は誰でも自身の体内に生息しています。しかし、それを正常細胞が見つけ攻撃して死滅させます。この正常細胞を総じて免疫と呼びます。
すなわち、免疫力が弱り落ちると、癌細胞が死滅せず、細胞分裂により、増幅繁殖を繰り返し、巨大化して塊となり、いわゆる癌になるわけです。

癌そのものは癌細胞の集合体ですから神経もなく、よって痛みはありません。だから自覚症状はなく発見は困難です。癌の痛みは癌が巨大化することにより他臓器や神経を圧迫することにより起こります。

そこで、最新の癌治療は、赤ちゃんのへその緒から抽出した希望の血、奇跡の細胞を、点滴により、癌患者さんに移植します。血液も臓器なので移植と呼びます。すると、赤ちゃんの元気かつ新鮮な細胞が、猛烈な勢いで細胞分裂を始め、活性化して増幅した癌細胞を攻撃し、死滅させるというのがメカニズム。もう、そうですね、仮面ライダーやらウルトラマン、アトム、ポパイ、スーパーマンマグマ大使ヤットデタマン、ソラン、ジェッター、ゴリラーマン、デビルマン、009、ゴルゴ13等々あらゆる戦闘ヒーローを100万人くらい点滴で投入して、彼らがさらに自身のコピーロボットを持ち込み体内で増殖させて、癌細胞を一匹残らず絶滅させるというイメージです。

費用は、戦闘ヒーローを何人投入するかで決まります、いわゆるギャラです。100万人だと500万円くらいです。
多くの結果を出しています。癌以外の免疫疾患にも有効的です。
ここまでは前振りです。

さて、個人的には好きでない歌舞伎役者の奥様の乳癌。患者である元アナウンサーの奥様の闘病姿勢はリスペクト以外のなにものでもなく称賛しかありません。好きでないのは歌舞伎役者の方なので誤解なきように。

発表当時、深刻な状況で余命宣告云々の話まで出ておりましたが、めでたく退院。末期と言われる癌患者さんの退院には2パターンがあり、一つは快方。もう一つは治療終了、これ以上は困難のどちらか。奥様の状況がわかるまで投稿を控えましたが、前者であると確信できたので投稿することにしました。

さて、奥様ですが、この幹細胞臍帯血移植を複数回受けているというのが、我々の業界では定説となっています。これ以外の治療法でここまで回復することは現実的に不可能に近いからです。
これは、私がお世話になっている某国立大学の現役教授の医師もそうおっしゃっているので、まず間違いないはずです。

ところがです、一般的な発表は抗がん剤治療の成功ということになりますが、それはあり得ません、というのが業界の常識です。
抗がん剤治療って、地上で癌と戦ってるエイトマン月光仮面の頭上からアトムという原爆の親玉を無差別に落とす兵器で癌もエイトマンも月光もサスケも鬼太郎も敵も味方も無差別に全滅させる死の兵器なんですよ、マジでね。

では、なぜ、幹細胞臍帯血移植という文言を出せないのか?
それは、昨年、日本政府が正式に幹細胞臍帯血移植を法的に禁止したからです。
その理由は何か?いくつかあります。エビデンス(成功症例)が少ない、あるいは無い、というのが厚労省の見解ですが、真実はそこではありません。つまり、この治療法が確立されると、困る人、困る組織、困る職業が膨大化して、収拾がつかなくなるというのが真相です。
ノーベル賞京大山中伸弥教授のIPS細胞ですが、最近、耳にしませんよね。IPS細胞は自身の細胞を培養して新しい臓器を自己のためにつくるという夢の再生工場ですが、実はこれも成功すると、幹細胞臍帯血移植同様に失業者続出ということで、山中教授の研究費を大幅に削ったという確証の高い噂です。

研究者、科学者が自らの生命を削って開発開拓した治療法も、お国の事情で、闇に葬られる事実があることを知っていただきたく、投稿いたしました。
最後までお付き合いください、ありがとうございました。

 

17/2/20  FB投稿より