読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2672 断捨離を絶つ

5/12-17   FB投稿

今、ユーミンちゃんを聴きながら、70分掃除。汗だらけ、クタクタだけど爽快です。綺麗になるって自分が嬉しい。洗濯は帰宅してすぐしたけど、病院に帰る前にもう一度。

掃除してて思ったこと、忘れないうちに認めます。

世の中で、不要なものなどほとんどない。不要な魂は数多存在するけどね。
これが私の持論です。だから骨董屋さん経営者。

僕は「断捨離」というブームに反論します。
・断捨離(だんしゃり)とは、不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想であり、 やましたひでこ(山下英子)の著書において発表された。

そらそうでしょう、世の中に不要なものなどない、と私は言ってるのに、不要な物を減らしという。
問題は減らすというか、実際には捨ててますよね。
これは各地域の産廃場で焼却されダイオキシン二酸化炭素地球温暖化に直結する悪の構造です。そして、その裏側には、飽食飽物で潤い消費減少傾向の一般社会に対する、生産者側の購買啓蒙洗脳があることを認識してください。
捨てる、残す→ 新しいものを購入する → 生産するのサイクルです。
断捨離と謳う一方で新製品も安いとCMで購買を洗脳する。一連の同一グループですから。

とはいえ、不要か否かは個人により千差万別。ですから、捨てるのではなくシェアしませんか、という提案。

写真の兄妹を見ていただきたい。我々は地球の少数派であり、おそらく大多数はこの兄妹の部類。

我々の不要品は、この子たちの必需品。捨てないで譲りましょう。
でも、肝心の手段がないですよね。私も同じです。

私はここ15年、中国と行き来しています。毎回必ず、特に子供の古着を持参します。

と言っても、一回に持ち込める分は、せいぜいスーツケース2個。大した量ではありません。
これをチベットに物資を送るボランティア団体に渡したり、知り合いの孤児に渡します。

こんな古着でも、本当に喜んでくれる人々が世界にいます。

捨てずに、なんとかシェアできる手立てを共に考えて欲しいと思います。