少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2715 おくりびと鶴岡

6/14-17 FB投稿

蚊取りのCMの笹野さん見てて、思い出したので書き留めます。
おくりびと」という納棺師の映画、もっくん主演の、観た人、多勢いると思います。

あの映画、とても良かったです。山崎努さんとか、最高でした。
数年前、わけあって、ひとり山形を訪ねました。
なんとなく、ロケ地巡り。もっくんがチェロを弾く土手は遊佐という街。

撮影のほとんどは酒田でしたが、鶴岡でも行われました。

僕は鶴岡に用事がありました。
切ない話ですが、Yuriちゃんのお墓参りでした。

で、笹野さんともっくんが銭湯に入るシーンがあるのですが、あの銭湯、鶴岡に実在するんです。

もちろん、入らせていただきました。夕方四時。ほとんど誰もいません。

ひとりかふたり、しなびたおじいさんが。
あんなおじいさんでも生きているのに、どうしてYuriちゃん、死んじゃったのかな。

そんな気持ちで湯に浸かり、剥げ落ちた天井を眺めていました。

風呂から出て、僕はとある病院へ向かいました。

僕が後に長期入院することになる三宿の軍人病院は、偶然にも彼女が入院していた病院で、彼女のお母さんから伺った話では、病状が悪化したため、東京から故郷の個人病院に転院した、と。

東京の大病院から、田舎の小さな個人病院に転院する理由は聞かなくとも、そういうことなんだ、と。
彼女がその病院で亡くなってから、7年も8年も経ってるのに、わざわざ悲しみに会いに行く。

お母さんに病室までは聞けなかった。
でも、行けば自然にわかるだろうと確信した。
彼女はいてくれるのだろうか。待っていてくれるのだろうか?
三次元と四次元は遠くて近い。

まだあの銭湯、あるのかな?
また訪ねて行きたい。
糸屋さんにでも連れてってもらおうか。