少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2820 五輪で泣く国民

8/6-16

広島関連のニュースを見ようと思い、テレビつけたらリオの開会式。

演出、予想外にお見事、面白かったです。
元スポーツ新聞記者ですが、五輪に全く興味ありません。
アスリートの純真かつ真面目な努力に反して、選考会を始め運営陣の政治、金銭、私欲、利権の腹黒さに反吐が出るからです。

それを助長する開催国政府、スポーツマスコミ。表向きの「批判姿勢」とウラの「協力体制」。

闇の事実を報道しない権力主義。

真の報道、正義公平の報道なら艶やかな入場式の外の反対運動を放映せよ。

協賛スポンサーもクロに染まる。

日本人もいい加減バカじゃなかろう。

新国立競技場問題。神宮球場秩父宮ラグビー場、霞丘団地等破壊、パクリエンブレム、築地移転、舛添高額出張、使途不明裏金送金の報道停止、マラソン選考会複数の金欲理由。

国民主体とうたいつつ、実は、ごくごく一部の利権屋のための五輪。

後に必ずや来る、未来数十年に必ずや続く、夢の跡の尻拭い負債を背をわされる、我々&今後、生まれ来る世代への確実なる負の遺産よ。

ペンの力ではどうにもならない強欲暗黒世界に、興味をもつ気には到底なれない。
純真なアスリートを手のひらで弄ぶ、強欲利権者どもに、間接的にも迎合出来ない。
派手やかなる選手入場を見るにつけ、その裏側の国力の格差を憂う。

まさに経済品評会。

本来のアテネ五輪オリンピアから、かけ離れ過ぎた思想。五輪の陰で泣く国民がいる。
略奪しか生きる術がない人々。ある日突然、生命、財産が略奪される被害者。五輪を隠れ蓑とした裏側で、個人的な犠牲者、あるいは国家的な経済戦争&侵略戦争のシナリオがしたためられている事実を、賢明な人なら気付いているでしょう。

東京五輪、今からでも返納できんものか?日本には、五輪より先に、東北地方の復興という優先順位がある。