少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2957 まさかのスライドNY2

10/16-16

おはようございます、10/16(日曜日) NYタイム 午前7:00です。

野球の先発投手に例えて、心境を綴ります。お暇な方のみ限定です。
プロの場合、先発ローテーション投手は、チーム事情や個人の資質にもよりますが、だいたい中4〜6のペースで先発マウンドを任されます。

登板翌日は休養日で、2日目から、次の先発に備え調整に入り、先発前日は、相手の打線に対して、どう攻めるか、第四打席までのシュミレーション、イメージ、データ分析など、あらゆる角度から予習をして、試合に臨みます。

そのために、登板前日から脳味噌はフル回転で、前夜は寝不足になる投手もかなりいます。
さて、問題は、試合が当日になって雨天中止になった場合どうするか? 我々、スポーツ新聞の担当記者は予告先発のないセの場合、先発予想をしなければなりません。
その時、前日登板予定の投手をそのまま登板させることをスライドと呼びます。

しかし、前記のように、相当な脳味噌と神経を使うので、集中力の持続という問題が生じます。

とにかく、全てを、一度リセットしてから、全く同じ作業を繰り返す必要があります。

つまり、この面倒くさい作業を持続できるかどうかにより、スライド可能な投手と、不可の投手が決定します。
双方に優劣はありません。性格の機微ですから、グランドで結果を出す過程は、人それぞれです。
さて、この安藤、スライド登板が可能なタイプか否か、昨日の航空トラブルから分析してみると・・・


「梱包の安藤」とはつまり私のことです。

幼少よりレゴの実践者である私は、眼に映る全ての立方体に対して、頭中で、凹凸を組み合わせるクセがあります。つまり梱包人間です。これは8年間の骨董屋人生で生かされました。

海外での買い付けの際、特にオールドノリタケ等の陶器を持ち帰るのですが、安藤の梱包で破損は0%、つまり完璧です。

もちろん過剰梱包すれば、容積を取られるので、最低限の梱包で、容積を抑えます。
何を言いたいか? つまり、先発投手と同じように、安藤は前日に、完璧な梱包を終えているのです。
「そんなもん、そのまま、持っていけばいいじゃないか」という方は、まだまだ先発投手の精神構造を理解されていませんね。

次へ続きます。