少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

2986 利権東京五輪と市民のリグレーフィールド

私はもともと東京五輪反対論者です。
理由は1・東北復興ないがしろにした無謀な計画。東北五輪なら賛成。優先順位が逆。2・ロス五輪を最後にすべての五輪が大赤字で莫大な負債を国民が負うことになる。東京も大赤字明白で、マスコミを含め利権者のみが莫大な利益を得る構図。3・「子供に真近で五輪を見せてやりたい」という大嘘の公布。真近で見れるのは無料の沿道競技だけ。入場料、滞在費を考えると、ごく一部の恵まれた人のみに与えられた特権。国民のほとんどはテレビ観戦で東京開催の必要なし。
で、レガシーレガシーと騒ぐ輩、いったいナンボ、ふところにごっちゃんですか?
日本のスポーツレガシーは旧国立競技場と、阪神甲子園球場の2つしかないんだよ。そのレガシーをぶっ潰しておいて、何がレガシーだ、フザケンナ!
今日のワールドシリーズ観たか!カブスの本拠地リグレーフィールド! デコボコボコボコの変形球場だぞ。それでも100年以上経っても市民から愛されている。4万7000超超満員札止めで、その数をはるかに上回るファンが、入れなくてもいいから、球場の近くに居たいという思いで詰め掛けた。これぞレガシーというものだ。キローサブローコースケ、新築の家はあきらめろ。チミたちのための五輪じゃねえ!