少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

3033 耳毛と肉球

12/02-16

こだわりです。
今回の安城遷都、線香2000円強(おまけがいっぱい入ってました)。

孫六3点セット6000円強。
半額弁当に一喜する私ですが、奮発しました。
おヒマな方のみ限定です。

先に関孫六から書きます。

カミングアウトしますが私、こう見えても、耳毛フェチなんです。

電車の中等で、耳毛人間を発見すると、どうしても抜きたくなる衝動に駆られるのです。

かなりの少数派だと思いますが、同好の士はおりませんか?

昨日も京王線内において、超耳毛人間を発見。なんとか友達になって、抜かせてもらえないか、頼みたかったです。
あと、悔やまれるもは「おふくろさん」の作詞者、川内康範先生。

テレビの画面からも分かるように、ヨーダのような風貌は紛れもない耳毛。

まるでアラブ人のあごひげが両耳から生えている。

魅力的な耳毛、なんとかして抜かせていただきたい。

どうせ火葬にされるなら、死後でもかまわない、せめて1、2本でいいからと頼めば良かった。

というわけで、自分の耳毛は毎日のように抜くので、至福の時間は長く続きません。

合わせて耳掃除は日に数回、ゴシゴシしているので、たまに出血してえらい目にあいます。

耳掃除スコープも持ってます。

耳毛オヤジ、耳くそオヤジと呼ばれないように、趣味を兼ねて耳の手入れは癒しの時間。

したがってメンテナンスの道具はえらい数になりました。今度、アップします。

次、線香。私、香りフェチです。こちらは多数派でしょう。

香木は本当に高い。国宝は正倉院にあるくらいですからね。
私の場合、主にアロマオイルと線香です。
「薄墨の桜」は初めてですが、香木入りの線香は1万円くらいします。この作品は実際に桜の樹皮が配合されています。
この作品は、岐阜県梶尾村に実在する薄墨の桜がモチーフです。

樹齢1200年超、継体天皇お手植えと伝えられた桜は昭和48年、その樹齢を終えようとしておりました。

しかし、人々の尽力により再び花を咲かせた奇跡の桜でもあります。

2000円以上の線香にはみなストーリーがあるのです。

ちなみにですが、私は、犬の肉球の匂いを嗅ぐのが趣味です。

肉球の硬さで年齢、肉球の隙間の匂いでその子の散歩コースがほとんどわかります。