少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

3072 ゲッキョク駐車場

12/18-19

本日、めでたく立正佼成会付属佼成病院を退院いたしました。

16日間。何もかもが初体験、不思議な病院でした。

バスで笹塚まで行き、タクシーを拾おう初体験たけど、拾えず徒歩で帰宅。

バスで渋谷。渋谷から地下鉄であざみ野経由新横浜。

霊波之光参拝。スミちゃんより霊波之光のカレンダー新年用2部受け取る。

 

久方ぶりの新横浜、JRA前路上負け組弁当300円、下克上さま専用。

最後の一個をゲトも、う〜ん、不味い。
娑婆の食いもんはどいつもこいつもやけに濃い口、舌が痺れる塩の味だけ。

それも政府推奨の塩化ナトリウム、通称、食塩という化学化合物で腎臓直撃。

腎不全患者製造工場の素である。
味噌汁に至っては塩汁。飲まなければいいのだが、貧乏故、一滴も残さない。

唇が痺れ、甘い飲料が欲しくなる。

これ、全食品会社による販売のための地獄の連鎖(ノウハウ)と教育機関で教え込むべし。

 

その後、センター北駅ホームで、同業者の方と情報交換。中国での臓器移植関連。年明けにまたお会いします。

その後、渋谷から井の頭線明大前乗り換え笹塚。

仙台ズーズー弁社長が来る。いつものサイゼリヤ。相変わらずナマリがきつくて半分しか理解できない。どうやら駅前のパチンコ屋と揉めたらしい。「本社に訴えるから、アンドーさちょ(安藤社長)、このパチンコ屋も本社を調べてけろ〜」というので「いいよ」と返事。で、パチンコ屋の名前を聞くと「パチンコSLOT」とメモに書く。

「社長、これはパチンコ屋の名前じゃなくて、一般的な呼称だろ。これじゃ調べらんね〜よ」

「だども。看板にでっかくそう書いてあったべや〜。でっけえチェーン店つうのだっぺや〜」

遠い昔、似たような話を聞いたことがある。

明大の同級の今井Hだ。

今井「クルマ買ったらオレさ、ゲッキョク駐車場借りようと思う」

そこにいた全員「なんだよそのゲッキョク駐車場って?」

今井「よくアッチコッチにあるじゃん、ゲッキョクゲッキョクってさ」

須永「今井くん、それってもしかして月極(つきぎめ)のこと?」

今井「え、何?ツキギメって?」

結局、今井は月極をゲッキョクと読み、日本最大の駐車場チェーン会社だと信じていた23歳の春。

こんな程度でも明治は受かるし、一部上場企業に就職できた古き良き時代。

 

その後、河岸を変えて、美女二人に囲まれてビジネス会議。思ったよりタフ。女性軍は生ビール。私はホッピーの外のみ白。なんとか契約いただきました。へとへとです。