少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

3085 殺された田舎の友

12/26-17

「Once Upon a Time in America」という映画を、遠い昔、名古屋の映画館での先行上映を観た。デ・ニーロの代表作のひとつ。
1930年代のNY、移民だらけの混沌期。幼馴染が時代の流れでマフィアの幹部になる。
写真は古き良き時代のボーイスカウト安城第2団、おそらく小学6年生。
左端の少年、学区の違う小学校。気が合った。

もうひとり、左腕が肩下からない少年がいた。よく遊んだ。
まさに「Once Upon a Time in Anjo」だった。

その時代、彼らがそういう流れをくむ人物だったとは知らなかった。

もう、30年以上も昔のこと、彼らは30の齢を迎える前に消された。

キンちゃん、ヨッちゃん、何で殺された?

高校までは顔を合わせてた。それから10年も経っとらん。

風の噂も「殺されたみたいやぞ」だけ。

何があった?

 

平和ボケも結構だが、こんな現実も日常的に転がっている。

あんな田舎の街でもだ。