少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

3273 安城屋根裏カフェ

3/9-18

安城実家の書斎片付けなう。
幼少のころ、父にねだって買ってもらった芭蕉本発見・・・なわけねえか(笑)
大正12年震災後一版発行というのがレア。京都帝大寄宿舎図書部にあったというのも渋い。

たぶん、父方の爺ちゃんの遺品。晩年は俳人してた。

 

安城実家整理中なう。押入れの天袋より出土。
未来を見据える利発そうなボウヤが、現在の安藤裏総理。

ばあちゃんは母方。明治24年生まれ。の、ばあちゃんの乙女時代(左)。
集合写真は私の小学校時代、かと思いきや、ばあちゃんの時代。

この辺は、我々とあまり変わらない。トピックスはばあちゃんのつけていた家計簿。

スキヤキ、サシミ、ライスカレ、鯉、玉丼・・・と謎の付箋が。

 

倉庫整理。親父の卒業証書発掘。
昭和20年。いわゆる学徒出陣で繰上げ卒業の珍品。
親父も明治公園の出陣式には参加したそうです。
あんまき高校時代の白黒喪服ジャージ、誰がこの色に決めたのかね。

3番というポジションは練習でもしたことないのに、何故、うちに3番があるのか謎。

 

安城・レトロ倉庫ペントハウスビリケン読書レコードカフェ、近日オープン。定員2名。

ウエイトレスさん、募集。若干名。給料そこそこ。食住付き。昼寝あり。

社保なし。福利厚生まあまあ。カフェ好き、読書好き、ビリケン好き歓迎。

ジュークボックスは2階から運べず断念。BGMはプレーヤーにてアナログレコードです。

夜はナイト読書クラブになります。メルカリでミラーボール検索中。

あと、テラスで立ちカフェあり。

立ちカフェ定員は床が抜けない人数。