少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

3322 残食罪悪感

4/23-18

昨日午後から久々のカラボロ、アタフラ、アチコチ痛で、歩行困難、食欲なし。

あの食いしん坊のチャミ子でさえ、具合の悪い時はごはんをスルー、これ獣の本能だそうです。

で、私も昨日から食事のキャンセルを看護婦に申すも、まかり通らぬと。

f:id:chamy-bonny:20180510073513j:image

「栄養士や医師に相談しないと看護師の一存では決められない。残すのは自由だから一口でも食え」と99点のアンサー。

「そらわかるけど〜」と言いながら、「出された食事を残す教育を受けておらず、まず、せっかく作ってくれた給食さんに申し訳ない。

f:id:chamy-bonny:20180510073602j:image

最初から食べれないとわかっているものを作らせたくない。

俺が残したら、味が悪かったのかと給食さんが悩むことが心配。そして廃棄問題。

患者にもよるけど、胃腸に問題のない患者が不調で残す廃棄食料。

f:id:chamy-bonny:20180510073649j:image

これはぜひ、カンボジアでもどこでもいい、餓死する子たちに送ってもらいたい、いや本当に」

「一応規則ですから、食事は出します。無理なら残してください」

「なんやねん、さっきと同じやん」

生前の飢餓時代、喰えない思いをしたDNAが、警告しています。

「食物を棄てるな」と。

f:id:chamy-bonny:20180510073735j:image
喰えない時代。そう、大震災だってそのカテゴリーのひとつ。

この直後に訪れる可能性だって大いにあるのです。

米は最後のひと粒まで食べる。

私は最後は湯漬けにしてサラサラいくタイプです。

消灯までまだ2時間半。でも寝ます。おやすみなさい。