少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

3329野球deテンプラ

4/26-18

というわけで、本日のランチはテンプ〜ラ〜。

野球で飛球のことをテンプラと言いますがトンカツとは言いません。ど〜でもいい話です。

どちらも揚げるフライなのに、だったらケンタッキーでもミスドでもいいんですけど。これはゴルフのミスショット。高く上げ過ぎた打球の俗語で、ゴルフ好きの野球解説者が洒落て言っただけですが、タイガーウッズにオオ〜テンプ〜ラ〜と言っても通用しないし、そもそもタイガーはテンプラを打ちません。

私は小4で名古屋の割烹に出入りして、それこそ皿洗いからはじめました。

もちろん長期休暇のみですが。
で、小5、小6の時は天ぷら長に任命され、テンプラ定食、天丼係を任され、油ものを担当しました。

天ぷら職人さんには失礼ですが、簡単です。
なんせ、天ぷらそのものには味がない。決め手はコロモと天つゆと素材と油の質、それだけ。

つまり、カウンターでない、調理場では、定食程度の天ぷらならガキでも間に合うということ。

コロモ、天つゆ、素材、油、温度は全て板長がやるので、私は注文が入れば火を調節して、教えられた通りの手順で揚げるだけ。まさか小学生が挙げた天ぷらとは誰も気づくまい、みなさん残さずよう食べてくれました。

f:id:chamy-bonny:20180510171813j:image

その時の経験を生かし、シカゴ時代は日本料理店でバイト。ランチタイムに2時間で200〜300本の海老と野菜を天ぷらにして、40枚のトンカツを揚げる。2つの温度調節可能なフライヤーを使うのですが、気が触れたような状況でした。
60席が2.5回転。私の担当は天ぷら定食、トンカツ定食、アンド天丼(はタレをかけるだけ)、カツ丼は煮こむので別部隊が担当。外はウエイトレス4人〜5人。中は板長と私とメキシカン2人で切り盛りですわ。

f:id:chamy-bonny:20180510183333j:image

で、野球の話ですけど、どうしてフライをあげてしまうのでしょうか?転がせば、イレギュラーとかエラーと野選とか、攻撃側の有利の方が明らかに大ですよね。でも高校生とかヘボチームはここ一番で打ち上げ花火で終わるんですよね。

な〜んでか?一言でいうと打者が下手くそであり、投手はそれを狙って投げてるということです。

打者の目標としては投球を真芯で捉えることですが、厳密に言うとわずかに違います。

バットの運動エネルギーがボールに一番伝わりやすいのは「中心衝突」です。それは、ボールの軌道とバットスイングの軌道を一致させることで実現できます。俗に言うレベルスイング。

俗に言うダウンスイングで上からボールを叩くと、飛距離においては伝道エネルギーを失います。ボールの上部を叩けばボールは上がらず確実にゴロになります。

逆にボールの下ッ面を叩けば、ボールは回転による空気抵抗を受け、ポップフライにしかなりません。

遠くへ飛ばす要素で一番大事なのは、打球の角度と初速(ヘッドスピード)です。スキーのジャンプもこれで飛距離が決まりまます。
これを実践するにはレベルスイングでボールの中心の5㎜〜7㎜程度下を叩くことです。これを理論的に実践したのが落合博満です。

落合はみなさんが喜んでやるティーバッティングをバカバカしいと言って一切やりません。
まず、ボールが実践ではあり得ない角度で来るので逆にフォームを崩す。どうしても防球ネットを目掛けて打つので、ボールの上っ面を叩くクセがついてしまう。長距離打者は常にボールの中心からやや下を捉えるべきという理論に反し、実践的ではなく自己満足に過ぎない練習、ということで、悔しいけど実に理を得ています。

次回、機会があれば、プロの打者のくせに、江川や大谷のような豪速球だけど、顔の高さに来るクソボールに、どうして手を出してしまうのか書きますね。

f:id:chamy-bonny:20180510183501j:image

ちなみにですが。1983年5月25日の阪神vs中日戦(甲子園)で中日先発の高橋三千丈投手(明大)が完封勝利。この試合ではゴロや振り逃げ失敗などによるアウトが1つもなかったため(ゴロによる安打は3本)球界史上初となる無補殺完封勝利となりました。私はこの試合をラジオで聴いておりました。この記録は未だに三千丈さんだけです。

f:id:chamy-bonny:20180510183914j:image

(京都の河合一充さんより、貴重な当日のチケットの提供です)

あれ、天ぷらの話でしたよね。ごめんなさい。