少数派日記

社会派エロブログ、少数派日記です。

“安藤総理の少数派日記”

3335 昭和天皇陛下1

4/28-18

FBFのみなさま、おはようございます。
本日で入院20日目となりました。

さて今日からGWですね。中国人のパートナーにずっと言われてます「日本人、どうしてそんなに休みばかり取るか?働くこと嫌いか?」て。返す言葉がありません。雇用者ならともかく、経営者まで土日も休む国、これで豊かになろうなんて、努力も勉強もしないで志望校に受かろうとする受験生と双璧の愚。

さて、明日は昭和天皇のご生誕を記念する昭和の日ですね。
30年前の崩御の日、私は東京中日にいて、宮内庁からの発表に常に緊張。30分おきに共同通信からピコピコと陛下の容態が伝わり、各社とも号外の準備です。

前年の星野監督初優勝はビールかけも自粛された特異のシーズンでよく覚えています。同時にラグビー日本選手権(神戸製鋼x早稲田)も両チームとも喪章をつけての戦いでした。

祖国日本よりも、中国、韓国、北朝鮮の国情勢に重きを置く人々、いわゆる左翼系の人々は、天皇陛下崇拝、自衛隊必要、靖國神社参拝、国旗掲揚、国歌斉唱、日の丸弁当・・・
つまりありとあらゆるものを、イコール戦争推進者、イコール国粋主義者、イコール右翼団体と極端な結びつけをする。

昨日の投稿にて、私ごときが評すること自体が失礼にあたり、憚られるのですが良識学識ともにあり、素晴らしい人格者であるFBFの尾澤先生より、「安さんは何故、朝日新聞をそんなに毛嫌いされるのか」旨のご質問をいただきましたので、ここに返答させていただきたく思います。

朝日新聞は日本の新聞社であり、報道の主軸であり基本であるべき、公平かつ真実の伝達という観点から完全に逸脱しています。最悪なのは、ほんの一例ですが、日本を落とし込め中国のために捏造した南京大虐殺事件、同様に韓国のために捏造した慰安婦問題。これが事実であるならば、善しです。しかも、この世界史に残る二大捏造事件は朝日新聞が捏造を認めたわけですから、第三者が「いや違うあれは」と反論の余地がないのです。

朝日新聞が書いた捏造(誤報ではない)、明らかに日本を落とし込めるための大嘘は、今更朝日が謝罪して、それを韓国人の義母と共謀して書いた植村隆をクビにしたところで、今、世界中に、日々建設されている慰安婦少女の像。「私たちは日本軍に強制連行され、日本兵の性奴隷にされ、今もなお苦しんでいます」なる文言を現地語で刻まれる。

小さな国の大新聞社の捏造など他国の人は誰も知らないし、慰安婦像とレリーフは今後も半永久に残り、日本人は酷い残虐だというイメージは、現地で暮らす日本人に対する醜悪なる誹謗中傷、子供達はイジメの対象に、マジでなるのです。

サンフランシスコに慰安婦像の設置を許可した、中国系のサンフランシスコ市長は、大阪市長より、姉妹都市破棄の報を受け、その後、慰安婦像撤去を明言した直後に謎の死を遂げています。人命にも関わるこの捏造記事の発信元である朝日新聞を何故、許せるというのでしょうか? というのが、尾澤先生に対するご返答であります。

さて、再び、話は昭和天皇ですが、私は昭和生まれ、戦争を知らない子供たちの一員でありますが、左翼の人々象徴天皇制とか天皇崇拝主義こそが、諸悪の根源であり、戦争の元であり、天皇陛下こそが最大級の戦犯だと、完全に中韓北と一致した思想を掲げていますよね。

思想は自由ですから否定はしません。だったら、そういう思想を大歓迎してくれる国が、ボートで行ける距離にあるのですから、ご自由にどうぞ、というわけです。

私はね、今、秩父宮ラグビー場のことで、いろいろ調べるうちに、秩父宮殿下はもとより、実兄である昭和天皇、父である大正天皇、祖父である明治天皇まで遡り、浅くですが、調べております。

天皇家皇室には数多くのゴシップがありますが、ゴシップが届くような下(ゲ)の世界ではありません。そして昭和天皇が、どれほど慈悲深く、国民庶民に寄り添うように努めてこられたか、どれだけ多忙な公務をこなされ、どれだけ孤独であられたか、知るにつけ、本当に心痛い思いです。

昭和天皇が宝年87で崩御された際、生涯で最大の心残りは最悪の激戦地、沖縄への慰問が果たせなかったこと。これは全都道府県を慰問した昭和天皇でしたが、沖縄慰問は何度も何度も切望されておりましたが、治安の確保ができないとして、断念を繰り返し、86歳の誕生日を迎えられた昭和63年の4/29に、ようやく、その40年来の切望が叶えられた矢先の体調不良でした。

その後陛下は、内臓手術を行うのですが、沖縄慰問のための体力づくりに励まれたそうです。しかし、9月に入り、容態は悪化。侍従長に「いつになったら良くなるのか?」(沖縄に行けるのか?)と尋ねることが複数回ありました。

古代より、戦とは敵の大将の首を獲ることが勝敗を決するわけで、その伝で行けば、米軍は皇居に爆撃すれば、それで終戦という構図も実際に選択肢の1つとして描かれていました。しかし、マッカーサーがその段を下さなかった理由は、日本人、日本国と天皇家の繋がりを深く研究した末のことだと伝えられています。

f:id:chamy-bonny:20180515202538j:image

その理由は書かなくても、というか、あまり書きたくないのですが、戦後70年後の今もなお、ユダヤ人によるナチ狩が水面下で、特にアメリカで受け継がれているからです。ナチ関係の子孫を孫代まで根絶やしにするという闇社会です。

ご存知のように、日本は任侠の世界。仇討ちは合法、忠臣蔵が支持される国柄です。マッカーサーはそれも考慮して、天皇家には指一本も触れませんでした。

昨日夜、投稿しました「零戦隼人」の動画は少年漫画ですが、戦後の少年たちに漫画を通して、戦争でも日本人には武士道があること。零戦は戦争のためではなく、平和維持のためにあるものだと、教えてくれました。本質を見ず、上部しか見れないのが、左翼思想者であり、教員です。GHQ主導の魂、骨抜き教育に基づく教科書、戦後教育の従事者なのですから仕方ないといえば仕方ないのですけどね。

昭和天皇の幼少時の称号は迪宮(みちのみや)・諱は裕仁(ひろひと)お印は若竹(わかたけ)。これは全て父親の大正天皇ではなく、祖父の明治天皇がつけられました。

大正天皇明治天皇の側室出身です。天皇家皇位継承には、日本国創世記よりの伝統と苦難があり、明治〜大正期はその重大な苦難の時期のひとつであるとカウントされています。大正天皇昭和天皇以下4皇子(4人兄弟)に恵まれたということは皇室の栄華を意味します。

我々、昭和の人間も余命カウントダウンです。昭和天皇のこと、平成天皇のことを、後世に伝え残していく義務が必ず必要なのです。セクハラ、パワハラモリカケ、イアンフ、ナンキン、インキンを声高連呼して偽善活動のふりして仕事してますよ〜アピールの野党と、正義ぶるマスコミの商売至上報道に惑わされず、後世に真実の日本史と、真の平和の維持の方法を伝え、共に考えていく道を、生ある限り意識していく義務があるのです。

きょうも難しくてごめんだよ、トヨジさん。
本日もついてる、感謝してます。

f:id:chamy-bonny:20180515202711j:image

f:id:chamy-bonny:20180515202427j:image